2018/08/20

「大和研究所は憎悪の対象だった」ThinkPad誕生秘話

「大和研究所は憎悪の対象だった」ThinkPad誕生秘話

 これは、あのDOS/Vの時代を知る人間には必読ですな。


「大和研究所は憎悪の対象だった」――初代IBM PC開封の儀で明らかになった「ThinkPad誕生の奇跡」
2018年08月15日 15時29分 公開
[長浜和也,ITmedia]

 すごいです。


「俺は二重スパイだった」

 バンドワゴン・プロデュース代表取締役社長の加藤徳義氏は、元IBM Mobile Computing GM補佐を務めていた。大和研究所が中心となってノートPC事業(これがThinkPadにつながっていく)を立ち上げようとしたとき、大和研究所と米IBMの連絡役として1991年に米国に渡っていた。

 一方の米IBMはPC事業を「やればやるほど損」と評価していて、できることならPC事業を早々に売却したいと考えていたという。そうした背景からノートPCに対しては最初から「日本にやらせるつもりはなかった」と加藤氏はいう。

 そのような事情を知る日本IBMからは「ノートPC事業立ち上げを快く思わない米国IBMの内情を探り、じゃまする動きがあれば伝えよ」という諜報員としての任務も与えられていた。

 しかし、米国に到着した加藤氏は米国IBMから「日本IBMの動きを逐次報告せよ」と命ぜられる。米国IBMが日本人の加藤氏にスパイになれと指示した理由には「あなたはPS55や5550(の事業に関わっていないので)に対する愛情はないから、PC事業部をなくすことに抵抗がないだろう」という思惑があった。

 うひゃー。
 しかも、10年で売却される運命が決まっていたなんてのも凄い。

 懐かしいですね。
 いや、おっさんになったんだなと、しみじみ。

| | コメント (0)
|

2018/08/19

When I'm Sixty-Four - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)

When I'm Sixty-Four - MonaLisa Twins (The Beatles Cover)

 最近、ふとしたことで見かけたのですが。
 なかなかいい感じ。


When I'm Sixty-Four - MonaLisa Twins (The Beatles Cover) [YouTube]

 ビートルズのカバーを姉妹でやっているのですね。
 映像も懐古的で、雰囲気出てます。

| | コメント (0)
|

2018/08/18

「民主党政権がルールを変更し、メガソーラー発電が増えた。われわれの責任ではない」

「民主党政権がルールを変更し、メガソーラー発電が増えた。われわれの責任ではない」

 いや、確かに、その通りなんだけど。


【野口健の直球&曲球】
ソーラーパネルの法整備が急務
産経新聞 2018.8.16 11:00更新

 (略)

 太陽光発電といえば、世界的に進んでいるのがドイツで、かなり厳しく規制している。施設建設による森林伐採においては、その6倍もの植林を行わなくてはならない。また約25年もの間、森の管理も行う必要がある。

 ソーラーパネルの寿命は30年といわれており、行政は、事前に事業主より、供託金を預かり、事業途中で倒産してしまった場合、この供託金より行政がパネルなどの回収作業を行うのだ。

 ある自民党議員に相談したら「民主党政権がルールを変更し、メガソーラー発電が増えた。われわれの責任ではない」と。しかし、その政策を引き継いだ現政権の責任でもある。景観を含めた環境面、また豪雨による土砂災害を防ぐためにもドイツ並みの法整備が急務である。

https://www.sankei.com/column/news/180816/clm1808160004-n1.html

 確かに、民主党が悪かったの事実。
 先を全く見ない、その場主義の政策を実行しまくった。

 でもね、「それでも、やるのが与党だ」くらい続けて欲しいよね。
 それで終わると、「ケツの穴小さい」って言われちゃうよ。

| | コメント (0)
|

2018/08/17

「墓じまい」増加で相次ぐ「離檀料」トラブル 700万円請求も(MBS)

「墓じまい」増加で相次ぐ「離檀料」トラブル 700万円請求も(MBS)

 これはビックリ。


「墓じまい」増加で相次ぐ「離檀料」トラブル 700万円請求も
MBSニュース 2018/8/15(水) 19:11配信

 (略)

 兵庫県姫路市にある「名古山霊苑」お盆に入り家族連れが訪れています。交通の便が良いこともあり人気を集めてきた霊園ですが、墓を返還する人が年々増加しています。今月20日からは過去最多となる55区画の応募を受け付けることになりました。

 「3年前くらいから増えてるんじゃないかと思うんですけど、今年度も既に20件ほど返還されてます」(名古山霊苑 大川毅さん)

 背景には少子高齢化や核家族化による後継者の不在がありますが、最近では「子どもに迷惑はかけたくない」と墓の維持を諦める人も増えているといいます。

 (略)

 一方で、寺の檀家から抜ける際に支払うこともある「離檀料」をめぐり、トラブルも相次いでいるといいます。

 「これはもうピンキリなんですけど、聞いた金額で一番高額なのが700万円くらい。明らかにぼったくり」(神戸マリン綜合法律事務所 西口竜司弁護士)

 遺骨を永代供養の寺に移すのに必要なのが、改葬許可証の発行です。もともとの寺から証明の印をもらって自治体に提出しなければなりませんが、その際に寺が高額の離檀料を請求するケースもあるというのです。

 (略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00023951-mbsnews-soci

 揉めたら、弁護士を入れるしかない、ということですか。
 お寺のことで揉めたくない、という親世代には心理的抵抗大ですね。

 ただ、若い世代だと、多分躊躇ないんだろうな。
 お寺側も、早く、意識を切替えないと、大変なことになるでしょうね。

| | コメント (0)
|

2018/08/16

投信、顧客46%が損失…一部銀行が手数料稼ぎ(読売新聞)

投信、顧客46%が損失…一部銀行が手数料稼ぎ(読売新聞)

 つまり、金融機関で勧められた信託を買った時点で、いいカモ状態。
 何度でも、あなたは騙される。


投信、顧客46%が損失…一部銀行が手数料稼ぎ
読売新聞 2018年08月14日 09時09分

 投資信託を保有していた顧客の半数近くが損失を抱えていたことが金融庁の調査でわかった。一部の銀行が、同じ顧客に何度も商品を売り買いさせる「回転売買」で手数料を稼ぎ、個人の資産形成を妨げている恐れがある。

 金融庁が大手銀行や地方銀行計29行を対象に、投信を購入した価格(販売手数料を含む)と、今年3月末時点の価格の運用損益を調べた。この結果、46%の顧客が損失を抱えていた。

 (略)

 金融庁は「銀行の回転売買で、顧客は十分な収益が得られていない可能性がある」と分析する。

 また、投信を保有する期間が長いほど、顧客は利益を得ていた。手数料の高さに、受け取る利益の大きさが連動する関係がみられないことも改めて確認された。

 (略)

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20180813-OYT1T50088.html

 ま、分かっていたことではありますが。
 このデータをこのタイミングで出した、金融庁の意図が一番怖かったりして。

| | コメント (0)
|

2018/08/15

長崎くるりのレモンケーキ

長崎くるりのレモンケーキ

 頂いたものですが、レモンケーキで抹茶味。
 濃厚で美味しかったです。


会社名 株式会社Kuruli
住所 長崎県西彼杵郡時津町日並郷2195-11
メール info@kurulinopan.com

| | コメント (0)
|

2018/08/14

夫の後始末(曽野綾子)その3 奉仕とは排泄物を世話すること

夫の後始末(曽野綾子)その3 奉仕とは排泄物を世話すること


夫の後始末
曽野綾子
講談社 2017年10月2日第1刷発行

続きです。

既に多少語られていた部分ですが、ある意味本書の白眉。
奉仕を意味する「ディアコニア」というギリシャ語の意味は何かと。

「汚いものを通して」つまり、「人間の排泄物」を通してだと。
 奉仕とは、うんことおしっこの世話をすることなのだと。

「それ以外は、人に仕えることではない、と私の知人の神父は言った。」
看取りの基本は、排泄物の世話なのだと。

これは、実際に認知症を発症しつつある高齢者を世話する人間なら多分常識。
しかし、現実に接点のない人間には、想像できない、したくないことだ。

なお、この後、夫三浦朱門氏との死別とその後が語られますが。
前半ほどの興味は湧きませんでした。

ただ、三浦朱門氏の生前の発言メモの話で笑ったのが1つ。

「学のないブンヤ(新聞記者)に限って、学力低下を嘆く記事を書き(取材)にくる」

自覚症状のない人だからこそ、ずうずうしいのだろうな。
ということで、後半はともかく、前半は是非一読すべきと思います。

| | コメント (0)
|

2018/08/13

夫の後始末(曽野綾子)その2 著者の備え

夫の後始末(曽野綾子)その2 著者の備え


夫の後始末
曽野綾子
講談社 2017年10月2日第1刷発行

続きです。
メモしておきたい点を箇条書きで残します。

・リンパマッサージで体温を上げることにコストをかけた。
(がんの浸潤は、低体温によるもの・また聴力保持に役立つとの読み)

・自分の母親が70歳代途中から、気質が変わったことについて、動脈硬化によるものの可能性を疑った(一部医学書に記述がある由)

・まだ何もないうちに、二階に上がる昇降機を付けた

・廊下、浴室にもトイレにも必要な場所を自分で探して手摺り・バーを早く付けておいた

・老人が言葉少なくなったら、1つの危険の兆候

続きます。

| | コメント (0)
|

2018/08/12

夫の後始末(曽野綾子)その1 トイレの床に排水装置を付ける

夫の後始末(曽野綾子)その1 トイレの床に排水装置を付ける


夫の後始末
曽野綾子
講談社 2017年10月2日第1刷発行

自らが、あるいは親が高齢者になりつつある子には必読書。
そのように断じておきます。

夫である三浦朱門が認知症を進行させる際に、著者は決断した。
自宅で死ぬまで普通の暮らしをしてもらうため、自分が介護すると。

ただ、それは、手抜きをして、自分なりのやり方を貫くことが前提。
周囲の人間の言葉に惑わされず、知恵を使って柔軟に、不要なことは捨てる。

そのような決断によるルールと強い意志で成り立つ生活であった。
ただし、著者の場合、一般の家庭より恵まれている要素が大きく2つ。

それは成功した文筆家であるため、生活費は一般よりはるかに潤沢だったこと。
まずは、これが非常に大きかっただろうことは言うまでもない。

そしてさらに、高齢者が住むための住宅機能をすでに手に入れていたこと。
特に、トイレの件はうなるしかない。

「つまずくこと。小回りがきかないこと。段差が辛いこと。孤立した空間に本人を置かないこと。トイレを汚すような事態になった場合に便器はおろかほとんど壁まで洗えるように、床に配水装置をつけることなどすべてを、そのころから用意してしまった。」
(P17-18)

寝室近くにトイレを、車いすが入る大きさのトイレをまでは、もはや常識だが。
布団を含めて、ウオッシャブルにするというのは、慧眼としか言えない。

ところで、上記では手抜きと書いたけれど。
本当は、手抜きではない。

物事の優先順位をつけ、優先度が高くないものは、割り切る。
しがらみを含めて、捨て去る、という強い意志と価値観に基づく行動。

他人の目を気にしている暇などない、という覚悟。
そのうえで、先を読む力と備え、それが著者の素晴らしさだと思う。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2018/08/11

コインパーキング「1時間5000円」青森ねぶた祭 期間中(NHK)

コインパーキング「1時間5000円」青森ねぶた祭 期間中(NHK)

 流石に、料金表示していれば足りるという話ではないですね。
 青森のイメージを損なう行為と言われかねない。


コインパーキング「1時間5000円」青森ねぶた祭 期間中
NHK 2018年8月10日 19時51分

東北を代表する夏祭りの一つ、「青森ねぶた祭」の期間中、青森市のコインパーキングが、一般の利用を敬遠させて提携するホテルのスペースを確保するため、料金を1時間5000円に設定したものの気付かず利用したという人が出て、批判の声が上がっています。一方、駐車場の管理会社は「看板などに料金を大きく記載し説明責任も果たしている」としています。

 (略)

駐車場の入り口や看板には料金を表示していたということですが、ツイッターなどでは気がつかずに利用したという人が相次ぎ、「高すぎる」といった声のほか「6万5000円を支払った」という投稿もありました。

 (略)

一方、ホテル側は「金額の設定は駐車場の管理会社に最終的な責任がある」としながらも、料金を支払った人には「見舞い金」として、領収証と引き換えに一律5000円の金券を渡す対応を取っているということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180810/k10011572641000.html

 本来の回避目的を果たす告知が機能しなかった時点で。
 自分たちの過ちだと悟るべきですが、できないのですね。

 このツケは、恐らく、当事者の想像より遙かに重いものになるでしょう。

| | コメント (0)
|

«「六神合体ゴッドマーズよりは原作に近い」