2017/08/19

「Excelの数式入力のコツ」その5 「INDEX関数のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その5 「INDEX関数のワンパターン化」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「INDEX関数のワンパターン化」って。
 これ、要するに、MATCH関数と組み合わせよと。

 INDEX関数+MATCH関数のセットって。

 著者のコンセプトである、

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 ということにまさにピッタリなわけです。

 どういう場合に使うかというと。
 順番に同じようなデータが並ぶとは限らないテーブル。

 そのテーブルの内容を、別のシートに集計かけたい。
 ビジネスでよくあるニーズですが、こういう時使う。

 もちろん、表形式が全て同じなら、簡単に串刺しできますが。
 そうじゃないのが実務なので、このパターンの有用性は高い。

 ということで、まずはINDEX関数。

 =INDEX(検索対象範囲,行(Row)番号,列(Column)番号,領域番号)
 最後の領域番号は、検索対象範囲を複数指定する場合以外省略可。

 「札幌の中央区で、北4条、西四丁目」というようなイメージ。
 アドレスを、行番号と列番号で取り出すわけです。

 ただ、A5などの表記は列・行の表記なのですね。
 行列だと、5Aというか、(5,1)、R5C1のように見ることになります。

 本書では書いてありませんが、ここでも検索対象範囲は「名前」が使えますね。
 すると、=INDEX(テーブル1,5,1)のようになります。

 この、(5,1)部分を、本書のコンセプト通り、外出しします。
 行番号の列を挿入、列番行の行を挿入するわけです。

 ただ、そのままだと、人間が目視で入れるのでミスが生じやすい。
 そこで、自動的に列番号や行番号を抽出させようと。

 このために、行ごと、列ごとにMATCH関数を使うわけです。
 =MATCH(検査値,検索対象範囲,照合型)

 照合型は、完全一致を使うので0とする。
 たぶん、これしか使わないので、=MATCH(検査値,検索対象範囲,0)が基本。

 これで、行番号、列番号が別途設けたセルで取り出せるので。
 あとは、INDEX関数の引数で使えば、万事解決。

 続きます。


| | コメント (0)
|

2017/08/18

「Excelの数式入力のコツ」その5 「IF関数のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その5 「IF関数のワンパターン化」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「IF関数のワンパターン化」って。
 いや、実は複雑なIF式は使わず、VLOOKUP関数を使えと。

 =VLOOKUP(検索値,検索対象範囲,列番号,検索方法)

 最後の検索方法は、完全一致の場合、falseと入れるが。
 検索対象範囲が昇順なら、trueなので省略可能。

 1000円以上、2000円以下。
 2001円以上、3000円以下みたいな表なら昇順ですね。

 で、検索対象範囲に、範囲名を付けてやる。
 その範囲名を、検索対象範囲に使うのですね。

 ただ、そのままではVLOOKUP関数で使えないので。
 =VLOOKUP(A2,INDIRECT(B2),3)のようにINDIRECT関数を使う。

 すると、検索対象範囲のテーブルを切替えて使える。

 このあたり、IF関数でやると式が複雑で絶望的だが。
 VLOOKUP関数でやれば、シンプルで見通しが良い。

 そして、これでもまだ分岐が足りないときには。
 仕方ないので、IF関数を登場させましょうと。

 その場合も、できるだけ判断をテーブル化して。
 VLOOKUP関数で選択できるようにしましょうと。

 著者は、このテーブルを「ビジネスルール」と呼んでいますが。
 うーん、かえってわかりにくいよなぁ。

 ということで、表現が残念なのがこの本の泣き所。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/17

「Excelの数式入力のコツ」その4 「SUMIF関数のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その4 「SUMIF関数のワンパターン化」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「SUMIF関数のワンパターン化」って。
 小計・中計・大計があるような場合の縦集計。

 そもそも、こんな時にSUM関数でやるのはアウト。
 行数が膨大なら、小計ごとの修正に時間が掛かりすぎるでしょと。

 ということで、SUMIF関数の出番。
 あれ、SUBTOTAL関数を使うのかと思っていたけど。

 SUBTOTAL関数では、表の枠組み固定に対応できないと。
 なるほど。

 で、まず、フィルターによる行抽出をしてから。
 式をコピーするのを覚えておく必要がある。

 その上で、=SUMIF(検索対象範囲,検索条件,合計範囲)を設定。
 検索対象範囲や合計範囲は、列ごと指定してしまう。

 検索条件も、普通は1つのセルを指定するので。
 =SUMIF(A:A,A5,C:C) のように入力する。

 A:AとかC:Cとかが、列ごと設定してしまう表記法。
 ただ、循環計算ミスをやりやすいのがこの関数固有の問題。

 どう対応するかですが。

 別に、検索条件だけを取り出した列を設けなさいと。
 本書のP147にあるように、検索条件を別に一列挿入する方法。

 なるほど。
 動かせない表では、セル結合などで、1:1対応がない。

 しかし、別に表の右側に列を設けて、そちらで検索条件を入れる。
 「○○ 中計用」「大計用」などを入れるのが工夫ですね。

 そして、算式での検索条件は、小計の金額欄の1行上を入れる。
 小計欄の1行前までを集計してくるようにするのだと。

 これは、知っておいて損はないのかな。

 なお、SUMIF関数の横集計はミスが起きやすいので。
 別途対応が必要で解説ありますが、それは省略。

 INDIRECT関数を使うというのが、ポイントのようですが。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/16

アマゾン 電子書籍配信で不利にならない契約条件を撤廃(NHK)

アマゾン 電子書籍配信で不利にならない契約条件を撤廃(NHK)

 これって、例の佐藤秀峰氏の事件絡みかと。
 誰でも思いますよね。


アマゾン 電子書籍配信で不利にならない契約条件を撤廃
NHK 8月15日 17時59分

 で、狙い通りなんだそうです。


佐藤秀峰? @shuho_sato 8時間8時間前

狙い通り。

http://www.jftc.go.jp/houdou/pressrelease/h29/aug/170815.html …

 なるほど。
 同等性条項がアウトだろうと。


アマゾン・サービシズ・インターナショナル・インクからの電子書籍関連契約に関する報告について
平成29年8月15日
公正取引委員会

| | コメント (0)
|

「Excelの数式入力のコツ」その3 「ワンパターン化したVLOOKUP関数の入力と複写」って

「Excelの数式入力のコツ」その3 「ワンパターン化したVLOOKUP関数の入力と複写」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「ワンパターン化したVLOOKUP関数の入力と複写」って。
 うーん、意味不明ですが。

 著者のコンセプトを思い出すと、

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 ということでした。

 つまり、VLOOKUP関数の引数である列番号を外に出す。
 別途、列番行だけの行を設けてしまいなさい、ということです。

 更に、これにMATCH関数を組み合わせます。
 すると、列番号が不連続な場合に目視入力するミスがなくなる。

 列番号を見つけるのに、MATCH関数を使って。
 その結果セルをVLOOKUP関数の引数で使う、ということですね。

 これは、理解してしまえば、有用です。
 それにしても、表現がなぁ。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/15

FX脱税の発覚で元ヒルズ族からスクラップ工場住まいへ

FX脱税の発覚で元ヒルズ族からスクラップ工場住まいへ

 あまり記事の説得力はないけれど。
 FX脱税の摘発実例メモってことで。


「突然マルサがやってきたんですよ!言葉が出なかったです・・・・って感じで絶句でした」(清明さん)

翌年、国税局の査察が入り、4億5000万円の脱税が発覚。追徴金を支払った結果、多額の負債を抱え追われるように、家賃が月80万円を超える六本木ヒルズから、実家であるスクラップ工場の屋根裏部屋に引っ越してきていた。玉の輿だと思っていたお相手が、実は投資に失敗し、多額の借金を抱えていたのだ。


借金1.6億円の元ヒルズ族に嫁いだ妻の真実 セレブから転落した夫をそれでも選んだワケ
東洋経済オンライン / 2017年8月14日 10時0分


| | コメント (0)
|

2017/08/14

「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って

「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 続きです。

 「INDIRECT関数は、オブラートの役割だと考えればわかりやすい。」がポイントって……。

 オブラートって、包んで保護する役割なので、意味不明です。
 あるいは、和らげるという意味で使う場合もありますが。

 本当のところ、INDIRECT関数が、何をしているのかというと。
 テキストになっているセル番号を、アドレスにして参照してくれるのです。

 本書の主張は、引数は、すぐ見えるように、数式の外に出してしまえなので。
 実は、この関数がとてつもなく重要になります。

 C1に1000という数値、B1にC1というテキストが入っている時に。
 普通、A1に、=C1 とすれば済んでしまうわけですが。

 わざわざ、一旦、途中下車させて、A1に、
 =INDIRECT(B1) として、B1の中継点を挟むわけですが。

 これによって、人間は、「あ、C1を参照しているんだ」と一目で分かる。
 B1には、C1というテキストが入っていますから。

 数式中にあるものは、人間は逐一、式の中身を見ないと分からない。
 しかし、大量のデータでいちいち確認はやってられないよねと。

 なので、オブラートではなくて、途中下車のための関数というべきでしょうね。
 繰り返しになるのですが、本当に、表現が残念です。

 そして、その結果、不連続な参照をする場合にも使えるが著者主張。
 これって、どういうことかというと。

 引数部分を外に出せば、数式自体はアドレス変化によるメンテが不要。
 つまり、メンテナンスフリーを目指しましょうが、著者の主張なのですね。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/13

「Excelの数式入力のコツ」その1 「数式のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その1 「数式のワンパターン化」って

 すごく良いことが書いてあるのに。
 表現が悪くてもったいない本って、時折ありますが。

 これもその1つ。


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 著者のいう「数式のワンパターン化」という概念ですが。
 これ、「算式のメンテナンスフリー化」と言うべきです。

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 というのが、著者の主張であり、同意できます。

 もっと言えば、大量データを扱ったりする場合や。
 頻繁にメンテナンスの必要なワークシートの場合が対象。

 つまり、ビジネスユーザーが読者となるべき書籍です。
 すると、副題の付け方ももう少し工夫が出来た筈。

 この著者は、Excel本を相当数出版されていますし。
 企業向けvbaツール開発実績もお持ちのようです。

 要は、Excelの経験は豊富だし、知識も持っているので。
 著者の問題意識と、対処の仕方は確かなのです。

 ところが、残念なことに、表現がイマイチ。
 先に挙げた「数式のワンパターン化」もその1つ。

 普通の人は、言葉だけ聞くと、作り方の話だと思いますよね。
 つまり、やり方をワンパターンにすることだと思う。

 著者は「ワンパターン化入力」なんて表現もするので。
 なおさらですが。

 続きます。

| | コメント (0)
|

2017/08/12

Anita Ward - Ring My Bell

Anita Ward - Ring My Bell

 ポーン、ポーンという電子音で。
 あ、あれかと分かる世代の人たち、いますかねぇ。


Anita Ward - Ring My Bell

 ま、歌詞は凄いっすね。
 モロ、意味深です。

 意味深も何も、そのままじゃんって。
 オースティンマホーンのdirtyworkの方がマシか。

| | コメント (0)
|

2017/08/11

平和や正義を声高く叫ぶ人たちの系譜~見てれば分かる

平和や正義を声高く叫ぶ人たちの系譜~見てれば分かる

 沖縄とか、国会とか、いろいろ騒ぎを見ていると皆感じるわけですが。
 いわゆる活動家の皆さん達って、ステレオタイプですよね。

 まぁ当然で、活動の歴史があるわけです。
 やることは、ずっと変わっていない。


◆「月夜の晩だけとはかぎらぬ」とスゴむ

 十年くらい前に、川崎(神奈川県)税務署管内で、所得税担当の税務署員が、民主商工会員宅に調査に行ったところ、隠しマイクとカメラで、質問や調査現場を録音したり、撮影して調査を妨害したということを聞きましたが、最近はこういうことが常態化してしまいました。

 藤沢(神奈川県)税務署管内でも調査官を税務署の前から調査地まで尾行し、調査を始めようとすると、十二名の民主商工会事務局員と会員が入り込み、テープレコーダーのマイクを口許につきつけたり、写真をとったり、宣伝カーのボリュームを大きくして対話ができないように妨害し、そのうえ「いま、××店に調査にきているのは、藤沢税務署でも悪名高き○○調査官です。あっ、いま強引に帳簿に手をつけようとしています」といった具合に実況放送をして、調査の妨害をはかったりしました。

 さらにひどいことには、調査官が店を出ると「バカヤロ、グレンタイ」とののしられ、耳許に口をよせて「おいっ、月夜の晩だけとはかぎらねえぞ。お前にも可愛い妻子があるんだろうが.…..」とスゴまれています。これでは、暴力団のやることとまったく変わりがありません

「民商一歪められた反税闘争を衝く-」北條恒一
 実業之日本社 昭和48年11月30日初版発行
 P58-59

 こういう記録を、ちゃんと語り継いでいきたいですね。

| | コメント (0)
|

«日本原産「ワカメ」は侵略的外来種だった… 「世界ワースト100」入りの日本在来種