« 「世界でも稀(まれ)なことに、日本の学生は授業をサボる。」 | トップページ | 国は7対1病床の見込みを間違えた »

2014/05/18

広島大医学部で何が起きた…「神経解剖学」追試120人「全員不合格」の仰天、“悪しき伝統”暴露でネット炎上(産経新聞)

広島大医学部で何が起きた…「神経解剖学」追試120人「全員不合格」の仰天、“悪しき伝統”暴露でネット炎上(産経新聞)

 いや、なんと言うか。
 120人全員とは、もうねぇ。


広島大医学部で何が起きた…「神経解剖学」追試120人「全員不合格」の仰天、“悪しき伝統”暴露でネット炎上
2014.4.26 18:00 (1/3ページ)[衝撃事件の核心 west]

 広島大医学部で2年生が受けた「神経解剖学」のテストで126人中120人が不合格となり、さらに120人全員が追試も突破できなかったことが発覚した。この話題はインターネット上でも騒ぎとなり、大学側は単位取得の問題だけでなく、ネットのモラル面でも対応を迫られる事態となった

 (略)

 担当教員は掲示板に「これまでの学生生活を大いに反省し、各自の責任において対処されたし」と反省を促す文章を添え、赤字で「全員不合格!」と張り出した。

 「120人が留年か」と不安になった学生から大学側には問い合わせが相次ぎ、大学側は対応策として4コマの補講と小テストを実施し、落第か否かの判断を行った。結果として2年生は11人が留年となったが、大学側は「全員が人体構造学の単位を落とした学生ではない。留年した人数も、今回が突出して多いわけでもない」と説明する。

 (略)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140426/waf14042618000001-n1.htm

|
|

« 「世界でも稀(まれ)なことに、日本の学生は授業をサボる。」 | トップページ | 国は7対1病床の見込みを間違えた »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/59654752

この記事へのトラックバック一覧です: 広島大医学部で何が起きた…「神経解剖学」追試120人「全員不合格」の仰天、“悪しき伝統”暴露でネット炎上(産経新聞):

« 「世界でも稀(まれ)なことに、日本の学生は授業をサボる。」 | トップページ | 国は7対1病床の見込みを間違えた »