« 臨時給付金をご存じですか? | トップページ | まんが マンション大規模修繕 »

2014/10/31

認知症女性から「5億円贈与」遺言、2審も無効 大阪高裁「受取人弁護士が作成誘導」

認知症女性から「5億円贈与」遺言、2審も無効 大阪高裁「受取人弁護士が作成誘導」

 すごいとしか……。


2014.10.30 14:34
認知症女性から「5億円贈与」遺言、2審も無効 大阪高裁「受取人弁護士が作成誘導」
 (略)

 判決によると、女性は預貯金3億円超と呉服店の株式(約2億円相当)、土地建物(約1700万円相当)などの財産を所有。平成15年、弁護士と十数回面会し、「私のいさんは後のことをすべておまかせしている弁ご士にいぞうします」との遺言書を作成した。
 女性は21年に92歳で亡くなり、弁護士はこれらの財産の贈与を受けた。

 志田裁判長は判決理由で、女性の遺言書を書く能力が欠如していたとまでは認められないとする一方、相談を受けた弁護士について「本来なすべき助言や指導をしておらず、著しく社会正義に反する行為だ」と批判した。

http://www.sankei.com/west/news/141030/wst1410300060-n1.html

参考)弁護士に5億、遺言無効 認知症女性から贈与、京都 2013/04/16 22:34

|
|

« 臨時給付金をご存じですか? | トップページ | まんが マンション大規模修繕 »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/60568708

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症女性から「5億円贈与」遺言、2審も無効 大阪高裁「受取人弁護士が作成誘導」:

« 臨時給付金をご存じですか? | トップページ | まんが マンション大規模修繕 »