« 映画「エリザベス」 | トップページ | 組織再編成と行為計算否認(2)岡村忠生 »

2015/02/01

売れ筋新刊本は中小書店には配本されない

売れ筋新刊本は中小書店には配本されない

 戦略経営者2015年2月号より。

○特集 斜陽産業にチャンスあり
 「売れ筋本」の共同仕入れで活路を開く
 恭文堂書店

 なんと、新刊書の発刊ボリュームが小さくなった結果。
 中小書店には、売れ筋新刊書籍が配本されなくなっていると。

 再販制度がある以上、確実に売れる大型書店を優先して配本する。
 中小書店は、悪循環が生じる構造になってしまっているのだ。

 なるほどです。

 たまに小さな田舎の本屋に行くと、古い本しか置いていない。
 それは、新刊書籍が回ってこないからだったのですね。

 で、この本屋さんは、学芸大学駅前の小さな書店らしい。
 ところが、NET21という共同仕入れで、価格交渉力を持つのだと。

 年間100億円以上、NET21では販売するという。
 こりゃ、無視できませんわね。

 で、共通POSシステムを入れて、データを会員間で共有すると。
 意欲的でないと、会員になれないそうですが、生き残りの必須条件かも。

 本屋にぶらっと立ち寄ることの楽しみ。
 なんとか、生き残って欲しいものだと。

 本がないと生きていけない自分は、切に思う。

|
|

« 映画「エリザベス」 | トップページ | 組織再編成と行為計算否認(2)岡村忠生 »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/61069920

この記事へのトラックバック一覧です: 売れ筋新刊本は中小書店には配本されない:

« 映画「エリザベス」 | トップページ | 組織再編成と行為計算否認(2)岡村忠生 »