« 滅びゆく農協(雑誌Wedge) その1 | トップページ | 行きはヨイヨイ帰りはコワイ中国撤退に苦しむ日本企業(雑誌Wedge) »

2015/04/16

滅びゆく農協(雑誌Wedge) その2

滅びゆく農協(雑誌Wedge) その2

 引き続き、雑誌Wedge2015年4月号より。
 「滅び行く農協 岩盤規制と農業の行方」として特集。

○「脱農化」した農協に必要な更なる本質的な改革
 (山下一仁(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、元農林水産省))

 驚いた。

 何故このような団体が出現したのか。
 それは、歴史的な背景があったのですね。


 戦後の食糧難の時代、米を政府に集荷するため、農業・農村の全ての事業を行っていた戦前の統制団体を、衣替えしたのが農協である。このため、農協は、銀行も生保も損保もできる、日本で唯一の万能の法人となった。また、農家の職能団体なのに、地域住民ならだれでも農協事業を利用できる「准組合員」制度が認められた。統制団体をルーツに持つ農協は、中央から地域農協へと指揮・命令が下るトップ・ダウンの組織となった。地域農協は、組合員ではなく、全国や都道府県の農協連合会によって支配されている。

 是非、一読をお勧め。

 なお、敢えて付け加えるとすれば。
 バブル崩壊時に農協系の果たした役割も、是非書いて欲しかった。

|
|

« 滅びゆく農協(雑誌Wedge) その1 | トップページ | 行きはヨイヨイ帰りはコワイ中国撤退に苦しむ日本企業(雑誌Wedge) »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/61440288

この記事へのトラックバック一覧です: 滅びゆく農協(雑誌Wedge) その2:

« 滅びゆく農協(雑誌Wedge) その1 | トップページ | 行きはヨイヨイ帰りはコワイ中国撤退に苦しむ日本企業(雑誌Wedge) »