« 盗まれるのを避ける一番の方法は、泥棒を自分の人生から避けること。 | トップページ | 「家族という病」下重 暁子 »

2015/05/11

遺言執行者でありながら、相続人に開示もせず、財産目録の作成もしない

遺言執行者でありながら、相続人に開示もせず、財産目録の作成もしない

 「実例でわかる相続に強い税理士になるための副読本」阿藤芳明(税務経理協会 平成27年2月15日初版発行)より。

 書籍の失敗事例は、あけすけなものが多く。
 現役の税理士でありながら、ここまで書くとはと絶句するレベル。

 法令上適用できないことは分かっていたが、税務署が分かるとは限らない。
 だから、申告して、結果として、セーフだった、あるいはアウトだった。

 そんなことが出てくるって。
 私なら、引退して数十年経たないと、いや、それでも書けないだろうな。

 普通は活字になりえない話満載で、勉強事例になるのは、間違いないので。
 同業者は、是非、読んだ方がよいだろうと思う。

 そして、自分の感覚の妥当性を確認するのが良いのではないか。
 もし、著者と同じ判断基準であれば、どうなのかはもはや口にしないが。

 で、何よりビックリしたのが、「02 遺言執行で訴訟にまでなった衝撃事案」。
 著者は、全く罪悪感がなく、相続人の属性を問題とみているようですが。

 遺言執行者でありながら、相続人に開示もせず、財産目録の作成もしないって。
 いや、それ、どう考えてもアウトでしょ。

 遺言執行者の解任請求をされたことや、税理士懲戒請求を受けたって。
 当たり前だろうと思う。

 なお、知識的な面で勉強になったものもある。
 事業用買換特例適用後に、相続税取得費加算特例を使う場合の計算などですが。

 知らなければ、何も考えなかったかもしれない。
 この種の本は、我々にとって、一種のホラー小説ですね。

|
|

« 盗まれるのを避ける一番の方法は、泥棒を自分の人生から避けること。 | トップページ | 「家族という病」下重 暁子 »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/61569269

この記事へのトラックバック一覧です: 遺言執行者でありながら、相続人に開示もせず、財産目録の作成もしない:

« 盗まれるのを避ける一番の方法は、泥棒を自分の人生から避けること。 | トップページ | 「家族という病」下重 暁子 »