« 呼気検査、「こんな数字見たことない」と裁判官 | トップページ | 成年後見の悪用被害56億円も、打つ手なし »

2015/06/26

IP電話の乗っ取り被害、特定ベンダーの交換機がネットに公開状態同然だった事例が判明

IP電話の乗っ取り被害、特定ベンダーの交換機がネットに公開状態同然だった事例が判明

 今、職場はIP電話にしていませんが。
 IP電話にされている方は、怖いですね。


IP電話の乗っ取り被害、特定ベンダーの交換機がネットに公開状態同然だった事例が判明

(2015/6/24 18:52)

 IP電話を導入している企業・組織で知らぬうちに国際通話が発信され、高額な通話料金が請求された――。こうした被害が複数発生していることを受け、実際に被害に遭った企業・組織をネットエージェント株式会社が調査したところ、IP電話交換機(主装置)に原因があることを特定したという。

 (略)

 ネットエージェントが実地調査した被害企業・団体2社で使われていたのは、レカム株式会社が販売するIPビジネスホン「AI-900」「AI-900SC」という製品で、その管理画面やSIPサーバーを不正に操作されたことで国際通話をかけられたとしている。

 (略)

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150624_708638.html

|
|

« 呼気検査、「こんな数字見たことない」と裁判官 | トップページ | 成年後見の悪用被害56億円も、打つ手なし »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/61794769

この記事へのトラックバック一覧です: IP電話の乗っ取り被害、特定ベンダーの交換機がネットに公開状態同然だった事例が判明:

« 呼気検査、「こんな数字見たことない」と裁判官 | トップページ | 成年後見の悪用被害56億円も、打つ手なし »