« 「逆転!強敵や逆境に勝てる秘密」マルコム・グラッドウェル | トップページ | 信託=トラストが市場独占の形態の名称になった理由 »

2015/10/08

年金受給権に減価償却という解決策があり得たのだ

年金受給権に減価償却という解決策があり得たのだ

 税研2009年3月号より。

 読まないまま放置していました。

○相続税等対価なき価値流入に対する課税と
 所得税との関係についての研究ノート
 浅妻章如(立教大学法学部准教授)

 年金訴訟の最高裁判決前のものだと思いますが。
 下記はなるほど。

「年金受給権に関する裁判では、課税当局側が年金受給権を果樹に、年金を果実に喩えている。年金受給権についても減価償却の計算をするならば、年金受給権について相続税を課し年金について雑所得として課税することは、包括的所得概念の当然の帰結として受け止められたであろう。現実には、信託の収益受益権や年金受給権について減価償却が認められるとは限らないことが、現行法の解釈における悩みを深めている。」

 確かに、ストックのフロー化過程での所得控除保証があればね。

日税研究賞「入選論文集」 31号

|
|

« 「逆転!強敵や逆境に勝てる秘密」マルコム・グラッドウェル | トップページ | 信託=トラストが市場独占の形態の名称になった理由 »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

信託・信託法」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/62400521

この記事へのトラックバック一覧です: 年金受給権に減価償却という解決策があり得たのだ:

« 「逆転!強敵や逆境に勝てる秘密」マルコム・グラッドウェル | トップページ | 信託=トラストが市場独占の形態の名称になった理由 »