« 嘉悦学園、5千万円不正支出の疑い理事長らに実態伴わない給与支出か | トップページ | 立案担当者による平成26年改正会社法の解説 その1 »

2015/12/21

ブログ炎上で露わになった「ブラック士業」の実態

ブログ炎上で露わになった「ブラック士業」の実態

 いかがわしい士業に、入らないよう、各自が努力しましょうと。
 それにしてもねぇ。

ブログ炎上で露わになった「ブラック士業」の実態
今野晴貴 | NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者。
2015年12月18日 19時10分配信

 (略)

そんな中、ある社会保険労務士が行ったブログへの書き込みが注目を集めている。

「モンスター社員を解雇せよ! すご腕社労士の首切りブログ」と題されたブログでは、「社員をうつ病に罹患させる方法」として、「適切にして強烈な合法パワハラ与え」るために、「失敗や他人へ迷惑をかけたと思っていること、不快に感じたこと、悲しかったことなどを思い出せるだけ・・・自分に非があるように関連付けて考えて書いていくことを繰り返」えさせることで、うつ病に追い込むよう指南している。さらに、「万が一本人が自殺したとしても、うつの原因と死亡の結果の相当因果関係を否定する証拠を作っておくこと」とまでアドバイスしている(ブログはすでに削除されている)。

社員の自殺までも「想定」してパワハラを推奨している点で、悪質性が極めて高いといえよう。

 (略)

ブラック士業は、違法な労務管理の技術を経営者に手ほどきすることで、ブラック企業を支えている。このような「専門家」は、「ブラック企業」とともに発展してきた。その背景には、違法なことでもまかり通らせたいという「ブラック企業」の経営者の思惑がある。

ブラック企業は社員を「いつでも辞めさせられる」状態に置き、過酷な選別競争を強いる。そして、「使えない」と決めつけた社員を「自己都合退職」に追い込むために、パワハラなどの違法行為を戦略的に行う。その際に、ブラック士業はこの「自己都合退職」を選択させるために、労働者をうつ病に追い込むようなパワハラ行為を積極的に推奨するのである。

それだけではない。一方では、「まだ使える」と判断した労働者を辞めさせないために、辞めると損害賠償を請求するという脅しの文書を送付することや、違法な労働組合つぶしにも加担する。

 (略)

さらに、弁護士や社労士などがブラックな労務管理に加担する原因として、士業の数が急速に増加していることがあげられる。

特に社労士は急激に合格者数が増えている一方で、通常の保険管理の業務などは増えていない。そこで、社労士界全体として、「労使紛争」への介入を新たなビジネスチャンスにしていこうとしているのだ。もちろん、まともに新しいビジネスを行っている社労士もいる一方で、上に見たような「紛争で設ける」いかがわしいビジネスモデルを構築する新手も増えてきた。

 (略)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/konnoharuki/20151218-00052579/

|
|

« 嘉悦学園、5千万円不正支出の疑い理事長らに実態伴わない給与支出か | トップページ | 立案担当者による平成26年改正会社法の解説 その1 »

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/62903043

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ炎上で露わになった「ブラック士業」の実態:

« 嘉悦学園、5千万円不正支出の疑い理事長らに実態伴わない給与支出か | トップページ | 立案担当者による平成26年改正会社法の解説 その1 »