« 立案担当者による平成26年改正会社法の解説 その2 | トップページ | 血液型と性格との相関性 »

2015/12/24

内容変更要求を筆者が拒否したら

内容変更要求を筆者が拒否したら

 月報司法書士2015年12月号より。

 静岡大学の笹沼弘志氏が、「安保関連法と日本国憲法」を書いているのですが。
 最後に、

「[後記]本稿は編集者からの依頼により11月号巻頭言として執筆したものであるが、編集者からの内容変更要求を筆者が拒否したため、ここに掲載されることとなった。遺憾の意を表しておきたい。」

 とある。

 執筆は、誰にでも依頼していいわけではない、という一例なんでしょうね。
 編集者は、空気を読めない人には、依頼すべきではない。

 もし、執筆者が、どうしても書きたいことを書いて、掲載してもらいたいなら。
 自分で本を書いて発刊すればいいし、webで便所の落書きでもよい。

 編集者へのマナーを守れない執筆者は、執筆するに値しないでしょう。
 もちろん、内容は読むに値しないと、私は判断していますが。

|
|

« 立案担当者による平成26年改正会社法の解説 その2 | トップページ | 血液型と性格との相関性 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/62925077

この記事へのトラックバック一覧です: 内容変更要求を筆者が拒否したら:

« 立案担当者による平成26年改正会社法の解説 その2 | トップページ | 血液型と性格との相関性 »