« ゴールドマン、米当局と6千億円支払いで原則合意 リーマン・ショックきっかけの金融商品不正販売で | トップページ | 「不正どこでもやっている」 無免許で歯型取り 容疑の歯科医師らを逮捕 警視庁 »

2016/01/16

強姦裁判」一転無罪!DNA一致しない・・・裁判所は警察のでっち上げ示唆

「強姦裁判」一転無罪!DNA一致しない・・・裁判所は警察のでっち上げ示唆

 おかーちゃん、怖すぎるよーの世界ですがな。
 これ、数十年前ではなく、たった3年ちょっと前の話なのだ。


「強姦裁判」一転無罪!DNA一致しない・・・裁判所は警察のでっち上げ示唆
2016/1/13 14:58

 (略)

事件が起こったのは2012年10月。深夜の鹿児島市内で、当時17歳の女性が「知らない男に暴行された」と訴え出た。女性は3日後、「犯人を見つけた」と110番してきて、名指しされた岩元さんは1か月後に強姦容疑で逮捕された。

 (略)

鹿児島県警は女性の胸から検出された唾液のような付着物と体内から検出された精液を鑑定した。付着物は岩元さんのDNA型と一致したが、精液は微量で鑑定不能としていた。一審判決は付着物と女性の証言を重視したものだった。

控訴審で裁判所は精液の再鑑定を「足利事件」なども手がけた押田茂実・日大名誉教授に依頼し、「別人」と出た。押田教授は「鑑定は簡単に出ました。なのになぜ『鑑定不能』になったんだろうと思いました」と話す。県警はDNA抽出後の残り溶液や鑑定過程のメモをすべて廃棄していたことも明らかになった。

岡田信裁判長は「鑑定技術が著しく稚拙で、DNAが抽出できなくなった可能性や、DNA型が出たにもかかわらず、被告と一致しなかったために、事実でない報告をした可能性すら否定できない」と指摘した。

 (略)

 女性の証言についても、「事件直近に性交渉はなかった」としながら、被告以外の精液が検出されたことで「信用できない」とし、他の証言にも疑義があるとした。

押田教授は「(DNAは)偽造することができます。ほんのちょっと混ぜただけであなたを犯人にすることも簡単にできます」と恐ろしいことをいう。科捜研はそこまではやっていなかったことは分かったが、まさに絵に描いたような冤罪だ。

http://www.j-cast.com/tv/2016/01/13255350.html

|
|

« ゴールドマン、米当局と6千億円支払いで原則合意 リーマン・ショックきっかけの金融商品不正販売で | トップページ | 「不正どこでもやっている」 無免許で歯型取り 容疑の歯科医師らを逮捕 警視庁 »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

刑罰・えん罪」カテゴリの記事

捏造」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63074036

この記事へのトラックバック一覧です: 強姦裁判」一転無罪!DNA一致しない・・・裁判所は警察のでっち上げ示唆:

« ゴールドマン、米当局と6千億円支払いで原則合意 リーマン・ショックきっかけの金融商品不正販売で | トップページ | 「不正どこでもやっている」 無免許で歯型取り 容疑の歯科医師らを逮捕 警視庁 »