« 遺言による相続手続き(バンクビジネス) | トップページ | 顧客と自行庫で板挟みになったときの交渉(近代セールス) »

2016/01/07

団信の申込書・告知書の記載時注意点(バンクビジネス)

団信の申込書・告知書の記載時注意点(バンクビジネス)

 バンクビジネス2016年1月15日号より。

○サンプルで学ぶ住宅ローン書類のチェック&チェック
 第17回 団信の申込書・告知書
 谷口敬(住宅ローンアドバイザー)

 民間金融機関の住宅ローンは、団信加入がローン実行の条件になっていると。
 任意のようでも、実は任意じゃないと。

 客が死亡してローン返済できなくなった場合、金融機関が立替えして。
 そこに保険金を充当する仕組みになっているのだと。

 客自身が記入して申告してもらうことになるので、漏れがないようにと。
 記入日を正しくというのも、まぁ大事なのですね。

 で、一番大事なのは、告知事項が正しいこと。
 虚偽告知が保険金支払拒否に繋がるのは、生命保険の場合と同じですね。

 そのため、特約加入誘導や、告知事項に関する質問時に助言厳禁だと。
 これは、説明に入る前に、先に宣言しておくべきなのでしょうね。

 あと、告知事項については、該当なしでも「いいえ(なし)」チェックが必須。
 未記入扱いになると、取扱いができないことになる。

 さらに、代理記入はアウトだと。
 特に日付記入でもトラブルになりやすいのだという。

 このあたり、どこで書いてもらうのか、というのもありそうな気がする。
 いや、書いたことないので、想像なのですが。

|
|

« 遺言による相続手続き(バンクビジネス) | トップページ | 顧客と自行庫で板挟みになったときの交渉(近代セールス) »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

保険」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

金融・金融法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/62996928

この記事へのトラックバック一覧です: 団信の申込書・告知書の記載時注意点(バンクビジネス):

« 遺言による相続手続き(バンクビジネス) | トップページ | 顧客と自行庫で板挟みになったときの交渉(近代セールス) »