« ゼロからマスターする要件事実 第2回 請求権の一生の物語 | トップページ | 経営者の高齢化の影響(近代セールス「中小企業における事業承継の現状と傾向」) »

2016/01/31

Windows10でのIMEが勝手に切り替わる問題対応

Windows10でのIMEが勝手に切り替わる問題対応

 アップグレード後、一番困っていた問題かもしれません。
 ATOKを指定していても、すぐにMS-IMEに切り替わります。

 いいIMEだとは思うのですが。
 「きょう」で日付が変換候補で出せないのが、私には致命傷。

 で、ようやく解決しました。

 コントロールパネル(Win+X)を呼び出して、言語→詳細設定へ入ります。
 ここで、「既定の入力方式の上書き」は、既に変更していたのですが。
 (私の場合、「日本語-ATOK2013」です)

 更に、次の2つを設定しました。

・「Windowsの表示言語の上書き」
 「言語リストを使用します(推奨)」→「日本語(日本)」

・「入力方式の切り替え」
 「アプリウィンドウごとに異なる入力方式を設定する」のチェックをとる。

 これで、IMEの勝手な切り替わりがなくなりました。
 一安心。

|
|

« ゼロからマスターする要件事実 第2回 請求権の一生の物語 | トップページ | 経営者の高齢化の影響(近代セールス「中小企業における事業承継の現状と傾向」) »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
気がつくのが遅れて申し訳ありませんでした。
とりあえず、これで収まったようでしたら安心ですね。
MSは、どうしてこう、既定値を平気で覆してトラブルを起こすことを繰り返す文化なのか。
たぶん、私以外でも、PC長らく触っていると皆不思議でしょうがないと思いますが。

投稿: はまちゃん | 2017/02/22 10:45

私も同様の症状に悩まされ調べていてこちらの記事を見つけました。
この記事を参考に設定しました。
貴重な情報、ありがとうございました。
感謝いたします。

投稿: こあにん | 2017/02/14 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63140341

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10でのIMEが勝手に切り替わる問題対応:

« ゼロからマスターする要件事実 第2回 請求権の一生の物語 | トップページ | 経営者の高齢化の影響(近代セールス「中小企業における事業承継の現状と傾向」) »