« 20年前の提案がいまだに | トップページ | 企業法務 最近の租税訴訟の動向・重要判決の内容について(会計・監査ジャーナル) »

2016/02/12

はねても、とめても正解…漢字の細かい違い許容

はねても、とめても正解…漢字の細かい違い許容

 これ、早くやって欲しいなぁ。
 ただ、学校の先生が対応できるのか、非常に疑問。


はねても、とめても正解…漢字の細かい違い許容
2016年02月10日 08時12分

 文化庁の文化審議会漢字小委員会は9日、漢字の手書き文字について、「はねる」「とめる」など細かい違いで正誤はなく、多様な漢字の形が認められていることを説明する指針案をまとめた。

 (略)

 指針案では、点や線の「長短」「方向」「つけるか、はなすか」「はらうか、とめるか」「はねるか、とめるか」など、違いがあっても同じ漢字として認められる事例を示した。常用漢字表にある全2136字でも、1文字につき2~3個、手書き例を示した。

 また、学校のテストなどでは、指導した字形以外の字形であっても、柔軟に評価するよう求めている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160210-OYT1T50028.html?from=ytop_main6


|
|

« 20年前の提案がいまだに | トップページ | 企業法務 最近の租税訴訟の動向・重要判決の内容について(会計・監査ジャーナル) »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

学校教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63194481

この記事へのトラックバック一覧です: はねても、とめても正解…漢字の細かい違い許容:

« 20年前の提案がいまだに | トップページ | 企業法務 最近の租税訴訟の動向・重要判決の内容について(会計・監査ジャーナル) »