« 融資先から法人成りする場合の融資金の名義変更を聞かれた(バンクビジネス) | トップページ | 「中小いじめ」一掃なるか 東京地裁「合意は広すぎる」 アップル訴訟国内審理へ »

2016/02/16

国際裁判管轄の企業間合意、初の無効判断 アップル訴訟、国内審理へ 東京地裁

国際裁判管轄の企業間合意、初の無効判断 アップル訴訟、国内審理へ 東京地裁

 画期的なんでしょうね。
 尊大なアップルには、大打撃かもしれません。


国際裁判管轄の企業間合意、初の無効判断 アップル訴訟、国内審理へ 東京地裁
2016.2.16 05:00更新

 (略)

 中間判決への異議申し立てはできず、審理は東京地裁で行われることになる。

 訴状などによると、島野は平成24年、電源アダプタのピンを納入していたアップルから増産要求を受け、設備投資を実施したが、直後に取引を急減させられた。取引回復を求めたが、納入価格を半額以下にするよう要求され、さらに「納入済みの在庫部品にも値下げ分を適用する。約159万ドル(約1億6千万円=当時)のリベートを支払え」と求められた。島野はいずれの要求にも従ったが、その後、「突然の取引急減や値下げ要求、リベート要求は不当だ」として提訴していた。

 (略)

http://www.sankei.com/affairs/news/160216/afr1602160001-n1.html

 まだ中間判決であって、最終ではありませんが。
 世界戦略への影響は、避けがたいものがある。

 まさか、零細企業相手の訴訟で、和解が得策とは思わなかったのでしょう。
 いつか映画かドラマになりそうな題材ですね。

|
|

« 融資先から法人成りする場合の融資金の名義変更を聞かれた(バンクビジネス) | トップページ | 「中小いじめ」一掃なるか 東京地裁「合意は広すぎる」 アップル訴訟国内審理へ »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

中小企業」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63220616

この記事へのトラックバック一覧です: 国際裁判管轄の企業間合意、初の無効判断 アップル訴訟、国内審理へ 東京地裁:

« 融資先から法人成りする場合の融資金の名義変更を聞かれた(バンクビジネス) | トップページ | 「中小いじめ」一掃なるか 東京地裁「合意は広すぎる」 アップル訴訟国内審理へ »