« 「オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白」 | トップページ | 18歳の著作権入門 その2 »

2016/02/08

18歳の著作権入門 その1

18歳の著作権入門 その1


「18歳の著作権入門」福井健策
筑摩書房 2015年1月10日初版第1刷発行

 ちくまプリマー新書の1冊。
 元は、「18歳からの著作権入門」(CNET Japan)の連載だとか。


 著作物ってどんなものかの説明で、「著作物ではない情報」を説明してくれている。
 まず、ありふれた・定石的な表現は、著作物にならないと(P18)。

 小説の一部を使っても、その部分が創作的な表現でなければOKなのだと。
 1文だと、たいていはありふれているけど、ある程度まとまるとそうではないと。

 著作物でなければ、無断転載ができるけれど。
 著作物になれば、無断転載すると著作権侵害の可能性が高いと(P21)。

 次に、事実・データも著作物に該当しないのだと。
 マンガ「弁護士のくず」事件では、実在事件をベースにしたのが盗作だと言われた(P23)と。
 生の事実を参考にしただけなのか。
 あるいは、その事実をどう構成するかの創作的表現を無断で借りたのか。

 最終的には、生の事実などしか共通しないと判断された(P24)ようですが。
 ノンフィクションとドラマの関係では、いかにもありそうですね。

 更に、アイディア・着想も著作物に当たらない(P26)のだと。
 これはびっくりですが。

「良い着想なら誰かに独占させる代わりに共有し、そのアイディアで素晴らしい作品が誕生することに期待しよう。その代わり、生まれた具体的な作品を真似ることは禁止しよう。これが今の著作権のバランスラインです。(P28)」

 なるほどね。
 何でも創作的表現とすると、人は何もできなくなる。

 また、題名・名称も該当しない(P29)と。
 ただ、長ければ独創性があるとされる可能性はあると。

 そして、実用品のデザインも該当しません(P31)と。
 ただ、意匠権という別の権利で保護は与える。

 長くなるので、メモを分けます。

|
|

« 「オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白」 | トップページ | 18歳の著作権入門 その2 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63176590

この記事へのトラックバック一覧です: 18歳の著作権入門 その1:

« 「オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白」 | トップページ | 18歳の著作権入門 その2 »