« 西武HD、堤義明氏らから255億円回収 株譲渡、資本関係も消滅 | トップページ | 生命保険契約の相続による取得時書換中の第二次相続開始(会計・監査ジャーナル) »

2016/02/24

遺留分減殺請求による生前贈与の贈与税申告の更正の請求可否(会計・監査ジャーナル)

遺留分減殺請求による生前贈与の贈与税申告の更正の請求可否(会計・監査ジャーナル)

 会計・監査ジャーナル 2015年7月号より。

○「租税相談Q&A」
 第278回 最近の相談事例から~資産税関係2例~
 鈴木正孝(租税相談員)

 3年内生前贈与を2000万円受けて、贈与税を720万円払った。
 相続税申告では、遺産7000万円とあわせ9000万円が課税だが。

 相続人が4人いたので、基礎控除内で納税はなかった。
 平成25年中の相続案件だったと。

 遺言で1人に遺産全部が移転したが。
 その後、遺留分減殺請求を受けて、1200万円を払った。

 さて、贈与財産の価額の減額更正ができるか。

 これはダメなのですね。
 遺留分減殺は、先に遺贈に働き、不足あれば贈与に及ぶのが民法1033条。

 1200万円は、7000万円の遺産の範囲内だから。
 生前贈与の2000万円までは、及ばないのだと。

|
|

« 西武HD、堤義明氏らから255億円回収 株譲渡、資本関係も消滅 | トップページ | 生命保険契約の相続による取得時書換中の第二次相続開始(会計・監査ジャーナル) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63197355

この記事へのトラックバック一覧です: 遺留分減殺請求による生前贈与の贈与税申告の更正の請求可否(会計・監査ジャーナル):

« 西武HD、堤義明氏らから255億円回収 株譲渡、資本関係も消滅 | トップページ | 生命保険契約の相続による取得時書換中の第二次相続開始(会計・監査ジャーナル) »