« 障害者差別解消法と求められる配慮 | トップページ | 取引先の融資拡大のための補助金提案営業 »

2016/04/04

マイナス金利政策と変動金利の関係

マイナス金利政策と変動金利の関係

 バンクビジネス2016年4月1日号より。

○ここを教えて!新入行員のための金融実務Q&A vol.39
 住宅ローン編:マイナス金利政策と変動金利の関係
 谷口敬(住宅ローンアドバイザー)

 マイナス金利政策で、市中の国債金利が下がっている。
 では、住宅ローンの変動金利はどうかと。

 この変動金利の指標は、短期プライムレートいわゆる短プラ。
 日銀公表資料では、これは1.475%のまま変わっていないと。

 で、各金融機関は、1%プラスの2.475%を店頭表示金利としていると。
 あれ、でも、1%切る金利を適用している例があるよねと。

 これは、優遇金利によるもので、2.475%-優遇金利=適用金利。
 優遇金利は、一般に1.7%~1.8%だと。

 各金融機関が、競争を踏まえて自助努力で下げているのですね。
 だから、これは各金融機関の裁量次第だと。

 今後も、現在のような金利低下が続くとは限らないし。
 自行庫の金利優遇幅が、今後も変わらない保証はないと。

 仰る通りですが、下がったで銀行のセールストークが増えているのでは。
 あるいは、私の気のせいでしょうか。

 いや、同じ号で「住宅トレンド&ローン相談対応術」という記事があり。
 そこで、マイナス金利の影響で固定型金利も低下と、ローン販売促進をとしている。

 つまり、今の低金利時代では、基本は固定一択なんでしょうね、本当は。
 金融機関にうまみがあるのはどっちよ、という話を除けば。

|
|

« 障害者差別解消法と求められる配慮 | トップページ | 取引先の融資拡大のための補助金提案営業 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

金融・金融法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63387621

この記事へのトラックバック一覧です: マイナス金利政策と変動金利の関係:

« 障害者差別解消法と求められる配慮 | トップページ | 取引先の融資拡大のための補助金提案営業 »