« 被後見人と親族関係にない人からの被後見人生活費保存のための信託利用例 | トップページ | 巨大法律事務所パートナー弁護士の自意識って »

2016/05/05

まずは脳を通してから言葉を出す(ビジネスマンのための「行動観察」入門)

まずは脳を通してから言葉を出す(ビジネスマンのための「行動観察」入門)

ビジネスマンのための「行動観察」入門
松波晴人(講談社現代新書)
講談社 2011年10月20日第1刷発行

 著者はサービスサイエンスと言っていますが。
 特に、目新しいアプローチというわけでもないのですが。

 ただ、実践は素晴らしいと思いますね。

・ワーキングマザーの行動分析
・イベントでの行動分析
・銭湯での行動分析
・営業マンの行動分析
・オフィス残業を減らすための行動分析
・飲食業の行動分析
・記憶の達人の行動分析
・工場の行動分析
・書店の行動分析

 読んでいてなるほどと思ったのは3つ。

 1つは、誰もご褒美をくれないと、自分で自分にご褒美を出すということ。
 ワーキングマザーや営業マンの話で出てきます。

 もう1つは、自分の気持ちを誰かに理解されることが救いになり得ること。
 これもワーキングマザーの話で出てきますが。

 そして、ある営業マンの言葉。

「話すときに、みんなあまりにも考えていない。まずは脳を通してから言葉を出さないと」

 これは、とても重要なことだと思います。

 考えているつもりで、人間は考えていない。
 口から出た言葉で、自分は考えたつもりになっているだけ。

 その自分に気がつくことが、考えることの第一歩。

 ということで、この本を勧めるかというと微妙ですが。
 自分の知見の確認にはなりましたね。

ビジネスマンのための「行動観察」入門(amazon)

|
|

« 被後見人と親族関係にない人からの被後見人生活費保存のための信託利用例 | トップページ | 巨大法律事務所パートナー弁護士の自意識って »

「心と体」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63564233

この記事へのトラックバック一覧です: まずは脳を通してから言葉を出す(ビジネスマンのための「行動観察」入門):

« 被後見人と親族関係にない人からの被後見人生活費保存のための信託利用例 | トップページ | 巨大法律事務所パートナー弁護士の自意識って »