« 「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その2 »

2016/05/17

租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その1

租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その1


租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本
あいわ税理士法人編
中央経済社 2016年2月25日第1版第1刷発行

 実務の必要性に追われて購入しました。
 過去、あいわ税理士法人の本は、?というものもあったので、どうかなと。

 で、結論から言うと、説明はちょっと微妙にうーんという感じ。
 「オセロで考える国際税務」って、言わんとすることは分かるのですが。

 図解があんまりよくないと、敢えて言いますが(中経さんごめんなさい)。
 オセロの石が6つ、国内法の検討で並ぶというのですが。

 例えば、米法人が邦法人から配当を受ける場合(議決権比率20%)の例で。
 最初は、[1]居住地国の判定からですが。

 国内法で居住地国がアメリカになりましたというのが白石で。
 租税条約での判定でもアメリカなのですが、これが黒石表示です。

 最終判定は、白石でアメリカなんですが、分かりにくい。
 途中、租税条約で内容が変わらないのだから、黒石にする必要はない。

 この例なら、[4]所得源泉地国の適用税率が、国内法では20,42%で。
 租税条約で5%に上書きされるので、そこだけ黒石にすべきでした。

 オセロのように、内容がくるっと変わってしまうという喩えはありですが。
 説明が、あまりにも残念でしたね。

 ただ、内容で、国際税務初心者の私には、メモしておきたいことが幾つか。
 過去に聞いた気もするが、そういえばというのも含めて。

 続きます。

|
|

« 「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その2 »

国際税務・国際的租税回避」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63638640

この記事へのトラックバック一覧です: 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その1:

« 「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その2 »