« 「小学校テスト」が酷似、光文書院がベネッセに出版差止め・回収要求 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その1 »

2016/05/16

「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業

「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業

 うーん、なんとも言えません。


「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業
デイリー新潮 5月12日(木)5時0分配信

 (略)

 経済誌デスクの解説では、

「東京の墨田区から熊本市内へ本社を移転したのは、東証マザーズ上場で生花大手のビューティ花壇でした。2003年に熊本から東京へ進出しましたが、人材流出に悩まされ続けた挙句、震災で損害を被ってしまった。それで“古巣”に舞い戻ったわけです」

 その後も、ソニーの100%子会社で半導体製造のソニーセミコンダクタマニュファクチャリングなどが熊本へ。その数は、今年3月までに80社を超えたとの調査もある。

「話題になったのが、東証一部上場でコンサルタント大手のビジネスブレイン太田昭和です。2年前に熊本BPOセンターを新設し、4月に“本社機能”を移転。県庁などと協力して、企業誘致の事業に乗り出した矢先の大地震でした」(同)

 (略)

「週刊新潮」2016年5月5・12日ゴールデンウイーク特大号 掲載

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160512-00508242-shincho-bus_all

|
|

« 「小学校テスト」が酷似、光文書院がベネッセに出版差止め・回収要求 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その1 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63638634

この記事へのトラックバック一覧です: 「良かれと思って」東日本大震災後に熊本へ移転していた不運な企業:

« 「小学校テスト」が酷似、光文書院がベネッセに出版差止め・回収要求 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その1 »