« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の32件の記事

2016/06/30

一敷地一建物の原則と旗竿地(鎌倉靖二氏研修会より)

一敷地一建物の原則と旗竿地(鎌倉靖二氏研修会より)

 「相続税・贈与税 土地評価実務」
  不動産鑑定士 鎌倉靖二(平成28年5月12日収録)

 DVD研修ですが、一昨日、会計士中国会で受講してきました。

 このあたりでは、旗竿地がないのですが。
 東京周辺だと、厄介なのでしょうね。

 以下速記録の一部です。

=======================
一敷地一建物の原則

  建築基準法が守られているか「確認」

  敷地と建物が1対1でないとダメ

   母屋と離れは
    建築確認では2つ敷地が作られている

    それぞれが建築基準法を守って違法にならないように
    切り分けている

  評価単位に影響する

   評基通7,7-2

  共有部分があってはダメ
  必ず1:1の関係になっていないとダメ

  L字に切り分ける場合でも
  接道で2mにするのが原則

  違法状態にならず、過不足なく切り分ける

  ただし
  渡り廊下で繋がっている増築だと1つの建物扱い

  しかし、完全な新築だと切り分ける

   メゾネット
    1階と2階を縦割りで使う
    自宅とアパート併用

     1棟で区分所有登記されている建物(二世帯住宅)
     →1棟の建物扱いで
      賃貸割合で分けることになる

       ×2つの建物としない

 運用が厳しくない時代

Hatazaotinohigeki_2


 Aさんが建て替え→Bさんが建て替え

 →私道をBさんは確認申請を出すと
  旗竿状の土地として建築確認が降りてしまう

 →その後にCさんが建て替えのために
  申請しようとするとダメとなる

  旗竿の竿部分がかぶってしまう!

 →別の場所で接道義務を充たさないとダメになる
  更に別の場所で接道義務を充たす土地を買うか借地しないとダメ

  このままでは建て替えできない
  無道路地

  東京にはもの凄くこういう土地が多い!
  練馬区など

 では、上記の例で先にCさんが建て替えすると
 今度はBさんが無道路地になる


 行き止まりの奥の土地を評価するには
 その手前の土地に目を向けないと
 無道路地評価するかどうかに影響する

 土地は建物が建てられるかどうかで変わる

 建て替えが出来ない土地も無道路地
 既に建物が建っていても、無道路地はあり得る

 昔は建てられたが
 今は運用が厳しくなって建てられないというのは一杯ある

 役所は、最近、トラブルの原因になるので
 Cさんの許可を得ていますか、と聞き始めた
 協定書結んでいますか
 承諾書提出求めるようになってきた

 ただ、平成の初めの頃まではどんどん確認が降りていた
 時代背景で運用、ひいては土地の価値も変わってきている

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/29

民法(相続関係)等の改正に関する中間試案(案)

民法(相続関係)等の改正に関する中間試案(案)

 中間試案が出ましたね。

 浅田隆委員資料は、銀行の立場での問題点を視覚的に説明。
 なるほど。

民法(相続関係)等の改正に関する中間試案(案)

浅田隆委員「可分債権の取扱い(相続預金)等に関する意見の補足」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/28

マーケットの不安を、ソーシャルメディアは増幅する

マーケットの不安を、ソーシャルメディアは増幅する

 確かにね。
 デマがあっという間に広がっていくのだ。

 間接民主主義が、直接民主主義に優るのは、ビルトインスタビライザー機能故。
 そのような話だったのが、いつの間にか、間接は悪という風潮になってきている。

 わざと不便にする、という選択肢が見えない人達が増えてきた。
 いや、インターネットの恩恵を受けておいて、天に唾すると言われるかもだが。

英国のEU離脱後の経済危機を、Twitterは増幅するか
WIRED.jp 6月27日(月)19時38分配信

英国のEUからの離脱(Brexit:British+exit)が経済に大きな影響を与えている。ソーシャルメディアはその影響を、「自己充足的予言」的なプロセスで増幅しうる。 PHOTO: AFLO/AP

 (略)

■マーケットの不安を、ソーシャルメディアは増幅する

 (略)

しかし、多くの研究は、ソーシャルメディアと株式市場の間に、相互に情報を反映させる循環があることが示している。そこではマーケットに対するオンライン上の不安感が、マーケットの反応そのものに織り込まれることがあるのだ。

「マーケットが下落し始めるとすぐに、それは市場のムードに、そして大衆の心情に影響し、次いでそれがオンラインで増幅される」と、インディアナ大学情報科学・コンピューティング学科でソーシャルメディアとマーケットの研究をする科学者ヨハン・ボレンは言う。

「そこに自己充足的予言(予測が、予測に適合する行動に人を向かわせ、予期された状況を現実のものとしてしまうプロセス)のような効果があるという考えを完全に否定することはできない」

■Twitter上のパニックが伝わっていく

2008年の株価大暴落ののち、ボレンはその年の1,000万近くのツイートを分析した。彼は、Twitter上のパニック度が上がると、その3~4日後にダウが下がることを発見した。

投資家たちは、ソーシャルメディア上の心情を自分たちの意思決定に組み込むようになっている。Dataminrのような金融向けのアラートサーヴィスを手がける起業は、ソーシャルメディアに現れた噂を顕在化させ、投資家が計画を発展させるためのサポートをしている。

こうした動きの善し悪しはともかく、ボレンは、ソーシャルメディアの影響が、英国のEU離脱が引き起こす現在の市場ヴォラティリティ(変動性)を悪化させるものかどうかについてはまだはっきりしないと警告している。いずれにせよ、この不確実性はすぐには払拭されないだろう。

EUは英国に「できるだけ早く」交渉を開始するよう求めたが、キャメロン首相は、早ければ10月にも自ら辞任し、交渉の任務を次期首相にゆだねる計画だ。英米両国が新しいリーダー選出の準備をするなか、これからなお一層のボラティリティが、オンライン、オフライン両方で予想される。

ISSIE LAPOWSKY

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160627-00010001-wired-bus_all

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/27

Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について(消費者庁)

Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について(消費者庁)

 消費者庁の説明が、マイクロソフトの説明より分かりやすいのだとか。

Windows 10への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について(消費者庁)

Windows 10自動更新問題、消費者庁の手順説明が好評(R25)

 マイクロソフトの上から目線は、毎度のことですが。
 今回は、凄すぎるよなぁと、誰しも思いつつ。

 それでも、消費者庁の指導は出ないのですねぇ。
 なんというか、Windwosを使っている、我々自身の罪ってことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/26

事実に基づかない民主主義・シルバーデモクラシー

事実に基づかない民主主義・シルバーデモクラシー

 日本にも大きな示唆がありそう。


【EU離脱】高齢者に怒り、悲痛な声をあげる若者たち なぜ?
BuzzFeed Japan 6月25日(土)19時8分配信

 (略)

「16、17歳の声は聞いてもらえなかった。私たち自身より90歳の人の方が、私たちの残りの人生を決める力が強いなんて」

「なぜ、僕の将来は、二度と戻らないノスタルジーばかり追い求めて、実際に受け取っている福祉手当がわからないような世代に決められなきゃいけないんだ」

「本当に悲しく思っています。もはやユナイテッド・キングダム(結びついた王国=イギリスのこと)ではなくなってしまった。24歳の私とすると、本当に恐ろしい」
USBも使えない世代に…

 (略)

あるミレニアル世代(1980~2000年生まれ)の英国人女性のワシントン・ポストへの寄稿が端的に言い表している。「USBの使い方もわからないような世代によって混沌がもたらされた」。要旨はこうだ。

「戦後のベビーブーム世代の判断ミスによって金融危機が引き起こされ、若者に大きく影響する緊縮策がとられ、そして今度はEUを離れろと。しかも、もたらされる結果をほとんど見ることなく生涯を終えるのに」

「多くの若者は、英国籍をもつご老人たちより、スペインやオランダの若者との方が多くの共通点を持つ。職場やSNSでの経験から、国境を超えると信じてきた未来は奪われてしまった」

「次のベビーブーム世代が決めなきゃいけない大きな決断は、私たちの世代が沈み始めたイギリスという船を見捨てて旅立ったときに、どうやって年金を払うかってことになるんじゃないの」

 (略)

注目を集めたツイートは、フィナンシャル・タイムズに載ったコメントのスクショだった。

要旨はこう。「三つの悲劇。まず労働者。経済的に見捨てられてEU離脱に投票したのに、雇用や投資が失われて短期的に最も苦しむのは彼ら。次に若者たち。チャンスや友情、結婚、どれだけのものが失われたかわからない。すでに上の世代が残した債務に苦しむのに、さらに祖父母や両親らによって、移動の自由が奪われた。最後におそらく最も重要なことには、私たちが事実に基づかない民主主義(post-factual democracy)時代にいるということ。反知性主義が偏狭な考えに結びつかなかったことがあるなら教えてほしい」

シルバーデモクラシー

こうした若者たちの不満の背景には、比較的恵まれた戦後のベビーブーム世代への反発もある。若者の犠牲のうえに高齢者が得をするというシルバーデモクラシーだ。

 (略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00010000-bfj-int

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/25

要件事実論の全体像(「税理」ゼロからマスターする要件事実 第7回)

要件事実論の全体像(「税理」ゼロからマスターする要件事実 第7回)

 税理2016年7月号より。

○ゼロからマスターする要件事実
 第7回 要件事実論の全体像
  岡口基一(東京高等裁判所判事)

 内容的に言えば、「要件事実論の正体」とでも言うべき回ですね。

 まず、「要件事実論の全体像」として、これまでの説明を整理。
 4点にまとめることができると。

 [1]訴訟物
 [2]中核要件
 [3]再抗弁以下
 [4]付加的要件

 内容は説明済みですが、[2]の中核要件という用語は初かも。

 で、「これらの基礎原理を押さえた上で、当該事件における攻撃防御方法(請求原因・抗弁……)の構成要件(=要件事実)がなんであるかを、正確かつ迅速に把握するスキル」だとの説明がされています。

 その上で、項立てとして、

 ・何も新しいことはない要件事実論
 ・知識より実践
 ・難しい要件事実の問題の作り方
 ・要件事実の学問化の失敗

 と並びます。

「そして、そのため、法曹は、法曹資格を得た後に、要件事実論の復習をするようなことはしません。それは、運転免許を取得したドライバーが、もはや自動車教習所には通わないのと同じなのです。」

 要するに、要件事実論は、フレームワークを意識するための、入口ツールなのだと。
 実践に入れば、意識すらしなくなるということを言いたいのでしょうね。

 真摯に法律を学習していくその途中に、要件事実論という構造化学習がある。
 それ以上でもそれ以下でもなく、魔法のツールじゃないことを踏まえて勉強してね。

 ということだと理解しました。

 で、税理士業界でも、何でも「要件事実論」と付ければ、という時期がありました。
 読んでみても、「なんかこれ違わないかい」ばかりでしたけど。

 「なんか実体分からないけど凄そう」に踊らされたのは、税理士だけではなかった。
 そういうことなんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/24

株式移転があった場合の受取配当益金不算入特例は削除されていた

株式移転があった場合の受取配当益金不算入特例は削除されていた

 国税速報2016年6月13日号より。

○疑問相談 法人税
 株式移転があった場合における受取配当等の益金不算入額の計算
 および所得税額控除に関する留意点
  デロイトトーマツ税理士法人 稲見誠一・蝋山竜利

 受取配当等の益金不算入計算は、保有期間により制限が生じる。
 短期間だけ保有して益金不算入を目指す、不逞の輩を成敗するわけです。

 ただ、株式移転で子法人から親法人が受け取る配当について。
 通常、期間がフルではとれないわけですが。

 最初の配当は、いわば自分から自分へのものなので。
 これを救済すべく、特例規定があった。

 具体的には、平成27年改正前は、法令22条の3第1項2号に規定があった。
 「関係」法人株式等の時代ですね。

 ところが、改正後は、これが削除されてしまったのですね。
 「関連」法人株式等に定義を変えた際に、特例をなくしてしまった。

 そのため、株式移転の最初に受領する配当は、その他株式等に転落する。
 負債利子控除は不要だが、益金不算入割合は50%になる。

 財務省解説でも、削除したという注意喚起はあるけれど。
 理由はきちんと書いてくれていない。

 何故なんだろう。
 効力発生日廃止に絡む、技術的な問題なのだろうか。


 このように,関連法人株式等と旧関係法人株式等というのは,そんなに大きくは変わりません。ただし,実はこっそりもう1つだけ違うところがありますので一応ご紹介だけいたします。

 株式移転に係る特例のようなものが関係法人株式等にはあったのですが,効力発生日を起点にしていたということもおそらく1つの原因だったのではないかと思われるのですが,その由来はいまひとつはっきりわかりません。もともとは銀行持株会社制度ができたときに改正前と類似の規定ができまして,それが徐々に商法で持株会社が可能になって株式移転が導入されていったときに,それに合わせて一般的な制度っぽくなったものです。どうも株式移転に対する政策的意図が若干あったのではないかということもありまして,この株式移転の場合の配当を受ける株式移転完全親法人のときに6カ月未満で良いように調整しているのですが,その受け取り側が新設法人である他の場合には全く何の調整規定もありませんので,バランスが悪いということもありまして,今回廃止してしまいました。そこだけご留意いただければと思います。

 基準日に今回しましたのので,4月1日というか,切りのいいところで株式移転をする方が多いのかなということも考えて,この規定がなければどうしても困るということもそんなにないであろうということで,バランスの悪い制度ということで廃止させていただいているということです。これは政令改正でこっそりとなくなっています。

「平成27年度法人税関係(含む政省令事項)の改正について」財務省主税局税制第三課課長補佐藤田泰弘(租税研究2015年7月号)

 「この規定がなければどうしても困るということもそんなにないであろう」
 ……うーん、そうでしょうか。

 知らずに墓穴を掘る人が出そうな予感。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2016/06/23

「【要連絡】修繕依頼」に要注意、「Bebloh」感染を狙った日本への攻撃急増

「【要連絡】修繕依頼」に要注意、「Bebloh」感染を狙った日本への攻撃急増

 最近、思わず開きそうなタイトルのメールが増えてますね。
 「算定基礎届」なんて、社労士事務所なら、開くだろうなぁ。


「【要連絡】修繕依頼」に要注意、「Bebloh」感染を狙った日本への攻撃急増
2016年6月20日(月)19時26分配信 マイナビニュース

 (略)

 「Bebloh」は、バンキングトロージャンと呼ばれるオンラインバンキングを狙うマルウェアで、ユーザーのログインやパスワードを盗み取る。感染を狙うメールには件名に「【要連絡】修繕依頼」、添付ファイルに「doc.029_AT90152_xls.xls」がアーカイブされたZIPファイルが多く見られる。

 このファイルは実際にはexeファイルであり、ESETでは「Win32/Spy.Bebloh.K」として検出対応したところ、2016年6月17日15:00時点においては、日本で検知したマルウェアとして最も高い数値を出す状況にあったとしている。

 (略)

http://news.nifty.com/cs/technology/techalldetail/mycom-20160620102/1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/22

配偶者の遺産相続拡大 「義父母の介護」などに金銭的考慮 法制審が中間試案

配偶者の遺産相続拡大 「義父母の介護」などに金銭的考慮 法制審が中間試案

 パブコメが出て、平成29年中に改正法案の国会提出を目指すとか。
 なんだか、もうすぐに大変革が起きかねないのですね。

 もっと先の話だと、楽観していましたが。

配偶者の遺産相続拡大 「義父母の介護」などに金銭的考慮 法制審が中間試案
2016.6.21 17:59更新

 (略)

 試案ではまず、婚姻期間が長く、財産形成に配偶者の貢献が大きいと考えられる場合は、配偶者の相続分を増やす見直しが盛り込まれた。現行法では婚姻期間の長短にかかわらず、法定相続分は一定だ。試案には、相続財産が婚姻後に一定割合以上増加した場合、配偶者の相続分を増やす▽婚姻後一定期間(20年または30年)が経過した場合、法定相続分を増やす-など複数案が記された。

また、相続人以外の人が介護などで献身的な貢献をした場合、相続人に金銭の請求ができる案も盛り込まれた。現状では、例えば長男の妻が義父母の介護をしても妻は義父母の財産を相続する権利はない。こうした場合、妻が相続人である長男らに対して金銭の請求ができるようにする。

 金額が協議で決まらない場合は家庭裁判所が決める。妻の請求金額については、各相続人が法定相続分に応じて責任を負うものとしている。

 ただ、この見直し案では死去した人に関わる全ての人の「貢献」を考慮しなければならず、請求が“乱発”される恐れもあり、相続の紛争が複雑・長期化するとの指摘もある。

 また、試案では、相続による権利の変動で、配偶者がこれまで住んでいた建物から即時退去を迫られるケースに対応する方策も記された。配偶者の居住権保護の観点から、遺産分割終了時まで(例えば6カ月)住み続けることができる「短期居住権」の設定や、終身・一定期間などの「長期居住権」を設け、遺産分割時に選択肢の一つとすることなどが盛り込まれた。

http://www.sankei.com/affairs/news/160621/afr1606210033-n1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/21

やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない

やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない

 要するに、嫌われたってことですね。


2016.6.20 16:19更新
【舛添知事公私混同疑惑】
舛添氏が都庁を退庁 セレモニーなし、終始無言…知事室持込みの美術品は舛添氏“自腹”で即、撤去へ

 (略)

 都職員による見送りのセレモニーは長年、慣例として行われてきた。同じく任期半ばで都庁を去った石原慎太郎元知事の際には約1千人の職員らが都庁ホールを埋め、東京消防庁の音楽隊が映画「ロッキー」のテーマなどを演奏。女性職員が花束を手渡した。

 5千万円受領問題で引責辞職した猪瀬直樹前知事の際にも、猪瀬氏の希望で規模は縮小したものの、幹部職員ら約60人がホールに集まり、拍手で見送った。

 舛添氏のセレモニーがなかった理由について、都は「やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない」としている。

 (略)

http://www.sankei.com/affairs/news/160620/afr1606200017-n2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/20

「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴

「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴

 うーん、事実次第の部分もあり、なんとも言いにくいのですが。
 ただ、こうなる前に解決できなかったのは、会社としてはダメージかな。


2016.6.7 08:50更新
「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴

 (略)

 訴状によると、女性は平成21年に入社し、22年に神戸支局に着任。24年秋から毎月約100時間超の時間外労働などで鬱状態になった。女性は25年2月から軽勤務となったが、当時の支局長だった男性から「さぼっているだけではないか」「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」などと人格を否定された上、交際相手との性的関係を追及された。女性は鬱状態が悪化、休職した。

 女性は27年1月に東京本社に復職したが、直後に男性も本社に異動。本社内で鉢合わせたことで女性は鬱状態が再発し、再び休職を余儀なくされたという。

 女性は取材に「『2人を接触させるべきではない』と産業医が意見していたのに会社は配慮しなかった。『男性は発言を否定している』と会社から聞いているが、納得いかない」と話した。同社総務局は「訴状が届いたら内容を精査し、対応を検討する」とした。

http://www.sankei.com/affairs/news/160607/afr1606070001-n1.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/19

デンソー事件(藤曲武美税理士稿)

デンソー事件(藤曲武美税理士稿)

 税務弘報2016年7月号より。

○連載 裁判例でみる 法人税の基礎 第45回
 タックスヘイブン対策税制の適用除外が争われた事例
 (デンソー事件)
   藤曲武美(税理士)

 画期的と言われ、良識ある判決と言われた地裁判決を覆した。
 あのフジヤマ裁判長による名古屋高裁判決を扱っています。

 過去は納税者勝訴の一審を出し、殆どが高裁で逆転納税者敗訴。
 今度は、納税者を高裁で敗訴させたというなんだかですが。

 私なりに読みますと、一審は、制度趣旨を考慮して解釈した。
 しかし、高裁は、条文の形式的適用を重視した。

 理解の誤りかもしれませんが、そのように読めます。
 もっと言えば、最高裁でひっくり返ると期待しているようにも。

 いや、ここは、私の勝手読みで、放言お許し下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/18

外国PEPsって何(バンクビジネス)

外国PEPsって何(バンクビジネス)

 バンクビジネス2016年6月15日号より。
 総特集 改正取引時確認&外国PEPsへの対応に強くなる

○Q&Aで学ぶ改正犯収法の基礎知識
  渡邉雅之(弁護士)

 犯収法とは、犯罪収益移転防止法の略だと。
 これも「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の略ですが。

 FACTAにより日本の顧客管理措置が不十分とされた。
 勧告を受けて、今までよりも細かい確認手続きが必要になる。

 顔写真のない本人確認書類は、補完要求があったりするのですが。
 外国PEPsの確認の話もそのような新たな手続きの1つ。

Q4 外国PEPsって何?
   なぜその該当確認が必要になったの?

 PEPsとは、Politically Exposed Personsの略称だそうです。
 国家元首やその親族など、外国の重要な公的地位を有する者だと。

 10月施行の改正犯収法では、取引時に厳格な確認が必要とされる。
 ハイリスク取引とされ、取引実行時に統括管理者の承認が必要だと。

 で、日本人でも、親族関係で該当する可能性があるので。
 十分な注意が必要だとか。

 個人的に気になるのは、法人の実質的支配者の確認。
 実務で、どこまでを金融機関は把握しようとするのだろうか。

 金融機関ごとに足並みを揃えないと、顧客は混乱するばかりだろう。
 さて、どうなるのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/17

定額法への一本化と固定資産管理(速報税理)

定額法への一本化と固定資産管理(速報税理)

 速報税理2016年6月1日号より。

○節税ワンポイントアドバイス
 定額法への一本化と固定資産管理
  青木千津子(税理士・公認会計士)

 木造建物は、耐用年数の特例通達があるのですね。
 (耐通2-2-1)

 知りませんでした。

 逆に言えば、この場合だけが、附属と一括して同じ耐用年数可。
 将来の除却を考えると、区分しておくべきですが。

 で、同じ建物の中での部分除却ができるか。
 これについて、この原稿でははっきり書いていない。

 できない説もあるようなので、この辺は明記して欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/16

総会決議事項の登記に添付する「株主リスト」に関するQ&A

総会決議事項の登記に添付する「株主リスト」に関するQ&A

 T&Amaster2016年6月6日号より。

○ニュース特集
 中小企業は株主名簿の整備が急務!
 総会決議事項の登記に添付する「株主リスト」に関するQ&A

 平成28年10月以後の登記申請から、登記実務が変わる。
 株主リストが、登記の添付書類に加わるから。

 で、法務省がパブコメを実施した。
 その結果別紙の内容紹介が中心の記事。

 意見募集の結果(別紙)

 法人税申告書別表2を使えないのかとの問いには。
 そのままは使えないけどと、以下の回答があった。

「「同族会社等の判定に関する明細書」の記載事項は,「株主リスト」の記載事項と全てが一致するものではないので,株主リストの代替としてこれをそのまま用いることは困難と考えられます。
 もっとも,株主の数が少ない株式会社においては,同明細書の記載内容は,「株主リスト」に記載すべき内容と大部分で重なるものと考えられます。
 そこで,申請人の負担を考慮し,今後,そのような会社を念頭に,同族会社等の判定の明細書を利用した「株主リスト」の記載例を法務省のホームページに掲載することを検討しています」

 できるだけ、みんなの手間が少ない方法期待ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/15

横行する養育費不払い、債務者口座を裁判所特定

横行する養育費不払い、債務者口座を裁判所特定

 「だから、マイナンバーカード♪」と失脚した人の声が聞こえる。
 いや、空耳なんですが。


横行する養育費不払い、債務者口座を裁判所特定
2016年06月04日 07時06分

 裁判などで確定した養育費や賠償金の不払いが横行していることから、法務省は、支払い義務を負った債務者の預貯金口座を裁判所を通じて特定できる新たな制度を導入する方針を固めた。

 強制執行を容易にするため、裁判所が金融機関に口座情報を照会して回答させる仕組みで、早ければ今秋にも法制審議会(法相の諮問機関)に民事執行法の改正を諮問する。不払いに苦しんできた離婚女性や犯罪被害者など多くの債権者の救済につながる可能性がある。

 (略)

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160603-OYT1T50158.html?from=ytop_top

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/14

積み立て傷害保険販売停止 東京海上、マイナス金利で10月から

積み立て傷害保険販売停止 東京海上、マイナス金利で10月から

 マイナス金利の影響がここにもあったのですね。
 言われれば、なるほどですが。


積み立て傷害保険販売停止 東京海上、マイナス金利で10月から
2016.6.11 05:00

 東京海上日動火災保険が、契約が終わると保険料とほぼ同額が返ってくる積み立て型の傷害保険の販売を10月から停止にすることが10日、分かった。大手損保では初めて。日銀のマイナス金利政策の影響で運用利回りが低下しているためだ。

 (略)

 保険をめぐっては、マイナス金利の影響で、生命保険各社が相次いで、貯蓄性の高い一時払い終身保険の販売を停止したり、年金保険や学資保険の保険料を値上げしたりしている。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/160611/bse1606110500002-n1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/13

診察せずに漢方処方箋、容疑で眼科医を逮捕

診察せずに漢方処方箋、容疑で眼科医を逮捕

 これ、よくある実務なのでしょうけど。
 今後は、患者にとって、窮屈な話になってしまう契機になるのでしょうか。


診察せずに漢方処方箋、容疑で眼科医を逮捕
2016年06月09日

 大阪府警は8日、診療せずに漢方薬の処方箋を出した上、診療報酬約2万円を詐取したとして、大阪市住吉区の眼科医(56)を医師法違反と詐欺の疑いで逮捕した。「悪意があって請求したわけではない」と容疑を一部否認しているという。

 (略)

 発表では、眼科医は2013年11月~14年5月、同薬局の男性従業員を診察しないまま、漢方薬の処方箋を9回交付した上、診療報酬明細書を審査支払機関に提出し、計約2万円をだまし取った疑い。

http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160609-OYO1T50000.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/12

富士通がNIFTYを再び子会社化するのはなぜか? 垣間見える弱点と火種…

富士通がNIFTYを再び子会社化するのはなぜか? 垣間見える弱点と火種…

 どうなるんでしょう。
 ユーザーとしては心配。


富士通がNIFTYを再び子会社化するのはなぜか? 垣間見える弱点と火種…
産経新聞 6月7日(火)11時15分配信

 (略)

 つまり、成長分野のクラウド事業と苦戦するコンシューマー事業を切り離して別会社化し、クラウド事業会社は富士通が取り込む一方、コンシューマー事業会社は再び売却するシナリオが透けて見える。

 (略)

 ニフティは、富士通と日商岩井(現・双日)が共同出資で1986年に設立したエヌ・アイ・エフ(NIF)が前身。米コンピュサーブのライセンス供与を受けて、パソコン通信サービス「ニフティサービス」を展開し、会員数を伸ばした。その後、経営不振の日商が手を引き、99年に富士通が完全子会社化した。2002年に富士通常務からニフティ社長に就任した古河建純社長は株式上場で独立色を強めようともくろみ、ニフティは06年に東証2部上場を果たした。

 しかしその当時、富士通は裏でソニーにニフティ売却を持ちかけていた。売却額は350億円前後と報道されていたが、結局、価格で折り合わず破談となった。ソニーはその後、富士通に先んじて自社のISP子会社、ソネットを100%子会社化したが、最大通信速度10ギガビットの割安な超高速光サービスで先行するなど独自性を発揮。ソニーの戦略子会社に位置づけられている。

 ニフティは上場したが、同社の成長を支えたISP事業やウェブ事業の不振で、業績も低迷。数年前には、NEC系の大手ISP、ビッグローブを買収した投資ファンド、日本産業パートナーズ(JIP)への売却話が浮上したが、「ニフティも売却」など報道先行で株価が上昇し、売却額が折り合わず交渉が頓挫した経緯がある。

 ニフティの2015年度の売上高は668億円で横ばいだったが、営業利益は3分の1以下の12億円に激減。1999年に富士通のISPを統合した時点で国内最大規模となる350万人超だった会員数も16年3月末にはわずか134万人に減少している。

 (略)

 富士通がニフティのTOBに投じるのは113億円。完全子会社後、ISPとウェブサービスの事業会社を再び売却する方向で検討しているが、「がめついし頑固」(電機メーカー幹部)と“定評”のある富士通が、価格面でどう割り切るのか。売却先の有力候補と目されるある大手ISP幹部は「今売るとしたら二束三文だろうが、それでも買いたいとは思わない」と吐き捨てる。(芳賀由明)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000523-san-bus_all

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/11

「なめ猫」被告に、裁判長「なめてはいけない」

「なめ猫」被告に、裁判長「なめてはいけない」

 これは、裁判所のパフォーマンスなんでしょうか。


「なめ猫」被告に、裁判長「なめてはいけない」
2016年06月09日 20時12分

 葬儀で稼いだ所得を隠して約1億1000万円を脱税したとして、法人税法違反に問われた葬儀会社2社の実質的経営者・津田覚被告(65)に対し、東京地裁(駒田秀和裁判長)は9日、懲役1年6月、執行猶予4年、罰金1700万円(求刑・懲役1年6月、罰金2000万円)の判決を言い渡した。

 (略)

 津田被告は、不良学生風の格好をさせた猫のキャラクター商品「なめ猫」のプロデューサーとして知られる。駒田裁判長は判決の言い渡し後、「いくら才覚があっても、ルールをなめてはいけない」と説諭した。

 判決によると、津田被告は、2社の売り上げを除外するなどして、法人税額がゼロになる虚偽の法人所得を確定申告し、2011年までの3年間に計約1億1000万円を脱税した。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20160609-OYT1T50087.html?from=ytop_ylist

 いや、なめ猫が通じる世代って、徐々に減っているのだろうなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ

脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ


脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ
大隅典子 講談社 2016年4月20日第1刷発行

 著者は、脳の発生発達機構を研究する基礎研究者。
 東北大学大学院医学系研究科教授。

 発達障害という言葉は、そもそも「神経発生発達障害」の略称だ。
 育て方で生じるわけではないのに、誤解を招く原因の1つがこの言葉だと(P15)。

 確かにそうですね。
 今まで読んだアスペルガー症候群関係で、明記したものは皆無でした。

 で、研究者の視点というか、科学者の視点で、目から鱗。
 自閉症は、脳の器質的な問題で、機能的な問題ではないのだと(P117)。

 つまり、ソフトじゃなくハードの問題ってことなんでしょうね。
 だから、母親の育て方の問題では、決してないのだと。

 そして、脳の発生発達のメカニズムを説明していきますが。
 要は、複雑な仕組みで、誰でも完璧な発達はなく、何か障害はあるのだと。

 「うまくいくほうが不思議」で、脳が当たり前のようにできることが奇跡だと。
 (P106)

 さて、自閉症急増の理由ですが、疾病概念の拡大は当然として。
 遺伝子異常以外の要素が影響している可能性を否定できない(P219)。

 そこで問題となるのが、母体環境つまり栄養素不足の問題。
 スリム願望を願う女性の増加は、決して良くないと(P220)。

 更に、父親の加齢は、自閉症リスクを高めると(P223)。
 このあたり、結構ショックだなぁ。

 しかし、遺伝子情報が同じでも表現型が変化するエピジェネティクス。
 この概念は、結構驚きですね。

 後天的影響で、遺伝情報が上書きされるのですね(P230)。
 結果、獲得形質は遺伝しないダーウィン進化論を覆すのだと。

 この本は、自閉症に誤解を持たないように、万人が読むべきでしょうね。
 特に、教育者の方は、必読なのではないでしょうか。

 なお、自閉症の判定で、社会性の異常を試すテストとして。
 「サリーとアンの課題」が紹介されています。

 この感覚は、是非共有しておくべきだと思います。
 そうでないと、自閉症患者を責めることしかできなくなりますから。

 これ、下記ブログで扱っていました。



自閉スペクトラム症(アスペルガー症候群) サリーとアン課題

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/10

朝日新聞に賠償命令…巨人軍の契約金巡る報道で

朝日新聞に賠償命令…巨人軍の契約金巡る報道で

 ほら、やっぱり、ちゃんと取材していない。
 憶測だけで記事を書いて、胸を張る。


朝日新聞に賠償命令…巨人軍の契約金巡る報道で
2016年06月08日 19時37分

 (略)

 1審判決は昨年9月、「記事の重要部分は真実」として請求を棄却したが、控訴審判決は、「記事は、契約の一部が日本野球機構(NPB)の厳重注意処分に相当する行為だとの事実を示すものだ」とした上で、「巨人軍がNPBから処分を受ける可能性はなく、この点で真実とはいえない。また、朝日の記者はNPB関係者に取材をしていなかった」と判断した。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20160608-OYT1T50194.html?from=ytop_main6

 読売新聞が好きなわけでも、巨人が好きなわけでもないけれど。
 取材しないで真実だと言い張るって、某都知事の雇った弁護士ですかい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/09

ポーの一族 40年ぶりの新作「春の夢」

ポーの一族 40年ぶりの新作「春の夢」

 おお!電子版買わなくては!!


月刊フラワーズ7月号 緊急重版&デジタル版配信のおしらせ

ポーの一族最新作「春の夢」が掲載された月刊フラワーズ7月号の
緊急重版および、デジタル版の配信が決定いたしました。

雑誌の重版分は6月11日(土)頃より順次、全国の書店で店頭に並び始めます。
デジタル版は雑誌と同じ590円(税込)で
6月9日(木)よりコミック小学館ブックス他、各電子書店サイトで配信予定です。

(デジタル版にも名作別冊ふろく[訪問者・湖畔にて]や「萩尾望都×山岸凉子 プレミアム対談」は収録いたします)

http://flowers.shogakukan.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/08

劇作家、ピーター・シェーファー氏死去 90歳

劇作家、ピーター・シェーファー氏死去 90歳

 ご冥福をお祈りします。
 「アマデウス」は、大好きで、何度でもみたい映画です。


2016.6.7 09:22更新
劇作家、ピーター・シェーファー氏死去 90歳

 (略)

 1926年、英中部リバプール生まれ。戯曲「エクウス」や「アマデウス」などが代表作で、数々の賞を受賞。日本でも戯曲が上演された。映画化された作品も多い。

 2001年にはエリザベス英女王からナイト爵位を受けた。01年に亡くなった双子のアンソニー氏も劇作家として活躍していた。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160607/wor1606070013-n1.html

 そういえば、弟のアンソニー・シェーファーの「スルース」(探偵)って。
 なんか読んだけど、大学の英語の授業でだったのかなぁ。

 もう記憶の彼方ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/07

太陽光発電、事業開始が遅れればペナルティ 減額や認定取り消し、経産省

太陽光発電、事業開始が遅れればペナルティ 減額や認定取り消し、経産省

 太陽光発電投資案件の大安売りが始まるのかな。


太陽光発電、事業開始が遅れればペナルティ 減額や認定取り消し、経産省
2016.6.7 18:24

 経済産業省は7日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)で、太陽光発電の時期を遅らせた事業者からの買い取り金額を減らす方針を示した。国の認定を受けて買い取り枠を押さえたまま設備の値下がりを待ち、不当なもうけを狙う業者に対し、罰則を課す初めての措置。

 電気料金に上乗せされる買い取り費用を抑え、国民負担を減らす狙いがある。

 早期に省令を改正し、8月以降に電力会社と電気を買い取る接続契約を結ぶ設備を対象とする方針だ。

 (略)

 太陽光発電は買い取り価格が高値のうちに枠を押さえ、事業開始を遅らせる事例が目立っており、平成24~27年度に認定した約185万件のうち27年度末時点で約62万件が未稼働だ。

 平成29年4月施行の改正再生エネ特別措置法では、迅速に事業を始める事業者のみを認定するよう制度を変更する。罰則規定を新たに設けることで改正法を補完し、未稼働案件の解消を目指す。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160607/mca1606071824014-n1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

 田中芳樹先生のアルスラーンの新刊が出てました。
 帯に「完結間近」があるが「ほんまかいな?」という進展。

 いや、確かに、皆殺しのトミノ違った、皆殺しの田中状態ですが。
 著者の言葉によると、残りあと1巻だそうですが。

 これで本当に蛇王ザッハークを退治できるのだろうか。
 意味深なファランギース様の呟き(P219)も気になるし。

 それよりも、宮廷画家とアルフリードの悲劇が悲しすぎ。
 いや、その前に……があったので、予感はあったけど。

 それにしても、ここまでして銀仮面を生かした意味はなんだろう。
 蛇王と対面させるためとしか思えないのですが。

 そこで、一体何が語られるのか。
 うーん、あと3巻くらいないと、終わらないようにしか思えない。

 本当に終わるのですか、田中センセ。


アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/06

租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3

租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3


租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本
あいわ税理士法人編
中央経済社 2016年2月25日第1版第1刷発行

 続きです。

 事例1 香港法人が内国法人から貸付金利子の支払いを受けるケース

  借り入れ資金は、日本国内の事業で使用する。
  国内法では、香港法人の国内源泉所得として源泉徴収が必要。

  租税条約の書き換えで、国内源泉所得の判定基準が変わる。
  使用地主義から、債務者主義に転換されるが、結果は同じ。

  変わるのは、源泉徴収税率が20.42%から10%になる点。

  実務手続きは、届出書を所轄税務署長宛に支払日前日までに提出。
  源泉徴収義務者側が、香港法人に書類提出を求めて提出する流れと。

 事例3 韓国法人が内国法人から著作権使用料の支払いを受けるケース

  著作権を日本国内の事業で使うので、国内法では日本の国内源泉所得。
  ところが、租税条約では、債務者主義で判定だが、判定結果は不変。

  なので、これも事例1と同様に源泉徴収税率の変更だけ。

  しかし、事例と異なる前提になると問題が生じる。
  これが現実化するのが、次の事例4。

 事例4 韓国法人が内国法人から韓国に所在する装置の使用料の支払いを受けるケース
  韓国所在の装置を日本法人が使用して、レンタル料を払う。
  国内法なら、当然、国外源泉所得にしかなりませんが。

  租税条約で債務者主義となり、日本での課税が生じてしまう。
  源泉徴収税率は、20.42%→10%になるけれど。

  これが、一番怖い課税関係ですね。
  外国の話なのに、日本で課税が起きてしまう。

  実際、一昨年の国際税務専門官の調査では、これを念査してました。
  インドが一番危ないんだそうです。

 続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/05

上村教授の「日本の会計・監査制度」その3

上村教授の「日本の会計・監査制度」その3

 会計・監査ジャーナル2016年6月号より。

○日本の会計・監査制度
 -資本市場の中核を担える態勢とは(Ⅰ)
  上村達男(早稲田大学教授)

 続きです。

 ただ、会計士側の問題だけというわけではない。
 今の証券行政は、本来の在り方からはっきりズレている。

 東芝問題では、何故会計士処罰だけがスムーズなのか。
 会社自身の処罰は遅々として進まないのは、これで良いのか。

 上村教授の問題意識に、正直、なるほど、でした。
 単に、行政の対応のおかしさに憤慨するだけではダメ。

 どこに今回の問題の本当の根っこがあるのか。
 それは、自分達が本来やるべきことが何かを全員が自覚すること。

 自分以外の他人の批判ではなく。
 本人を含め、当事者が皆根本の問題に立ち向かわなければダメ。

 そもそも、資本市場法規制の中、会計・監査はどうあるべきなのか。
 もう一度、立脚点から考え直さなければ、業界に未来はない。

 関根愛子会長が、どんな判断・采配を見せるのか。
 それは分かりませんが。

 極論すると、この20年、業界は、基準の精緻化にあけくれた。
 国際化対応と言えば聞こえは良いが、本質の問題から逃げていた。

 しかし、もう一度問い直さなければならないのでしょう。
 何のために会計は必要で、何のために監査が必要なのか。

 それを万人が納得するように、何ができるのか。
 新執行部の課題は極めて重いのでしょうね。

 で、上村教授の稿は連載のようですので、次回も期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/04

上村教授の「日本の会計・監査制度」その2

上村教授の「日本の会計・監査制度」その2

 会計・監査ジャーナル2016年6月号より。

○日本の会計・監査制度
 -資本市場の中核を担える態勢とは(Ⅰ)
  上村達男(早稲田大学教授)

 続きです。

 ところが、日本の会計・監査の理論的根拠はというと。
 実は、米国の資本市場対応型のそれだった。

 本来、継続性公準は、資本市場の継続が前提となる。
 費用収益対応原則も、同様で、それを踏まえた資産・負債観。

 しかし、企業会計原則も証券取引法もそんな意識はなかった。
 そもそも、原初形態から言えば、捻れが生じていたのですね。

 これが、バブル崩壊による護送船団方式行政が転換。
 一気に、市場規制型となり、資本市場規制が強化された。

 結果、会計や監査と縁遠かったような金商法の位置づけが変わる。
 会社法において、金商法適用会社として一体化することになる。

 原初の米国の連邦証券規制と一体の本来の論理に立ち戻る。
 そのような方向に、現在の会計・監査・市場法は向かっていると。

 なるほど、実は、期待ギャップというか認識ギャップが。
 会計士自身に生じているのを自覚できなかったのかもしれない。

 ある種会計優位の価値観が刷り込まれた人間が大半なのだから。
 金商法がいきなり中心になっていくのに、戸惑いさえあったろう。

 続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/03

上村教授の「日本の会計・監査制度」その1

上村教授の「日本の会計・監査制度」その1

 会計・監査ジャーナル2016年6月号より。

○日本の会計・監査制度
 -資本市場の中核を担える態勢とは(Ⅰ)
  上村達男(早稲田大学教授)

 結論から言えば、公認会計士には、必読の稿と思います。

 明治初期の株式会社は、上場会社が当然だった。
 募集設立とは、設立時にいきなり公募設立の意味だった。

 厳格な設立規制や厳格な資本規制は、上場基準の意義。
 資本充実原則とは、上場基準遵守の意義だった。

 つまり、株式会社は公開株式会社として存在していた。
 ところが、市場の担い手として、公衆を想定していなかった。

 当時の株式会社は、小規模閉鎖会社が対象であったし。
 証券取引法は、業者規制法であり、裁判規範ではなかった。

 このため、日本の会計・監査は独自の発展を遂げる。
 米国のように法律の圧力なく、それ自体の権威に依存できた。

 なるほど、言われればです。
 本来の在り方から離れた、歪んだ発展を遂げてしまったのだ。

 続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/02

大正ロマン漫画『はいからさんが通る』初の劇場アニメで“復活” 17年公開

大正ロマン漫画『はいからさんが通る』初の劇場アニメで“復活” 17年公開

 おお!
 原作を活かした作画になるのかな。


大正ロマン漫画『はいからさんが通る』初の劇場アニメで“復活” 17年公開
2016年6月1日(水)9時0分配信 ORICON STYLE

 1975年から77年に『週刊少女フレンド』(講談社)で連載されていた大正時代を舞台にしたラブコメディー『はいからさんが通る』が、初めて劇場アニメ化されることが6月1日、わかった。連載終了から約40年を経て、日本少女漫画史に燦然(さんぜん)と輝く傑作が劇場アニメとしてよみがえる。

 (略)

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/oricon-oric2072588/1.htm

 で、大和和紀先生のを劇場化するなら。
 是非、「KILLA」もお願いしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016/06/01

あなたの英語勉強法がガラリと変わる

あなたの英語勉強法がガラリと変わる


あなたの英語勉強法がガラリと変わる
同時通訳者の頭の中
関谷英里子
祥伝社黄金文庫
祥伝社 平成28年3月20日初版第一刷発行

 もはや、英語から離れて久しい私なので。
 以下は、勝手な放言に過ぎないとご容赦を。

 まず、第一章ですが。

 著者は、イメージ力とレスポンス力が大事という。
 まず、イメージ力とは、何かですが。

 同時通訳者は、話されていることを、文字では捉えないのだと。
 映像で捉えており、だからこそ、高速処理できるのだと。

 そのためには、本質を捉える力が必要になる。
 相手を理解する力が必要なのだと。

 理解のため、著者は、言葉の意味に深く飛び込む。
 その用語の本質的意味を探求していく。

 英英辞典で語源を確認するのも、そのため。
 その深い理解が、各状況に適う言葉を選ばせる。

 意味を深く理解し、情景や雰囲気を思い浮かべる。
 それができることが、著者のいうイメージ力。

 そうですね、できないと、瞬時の情報処理はできない。
 発言の背後の世界観を理解する

 何故、その人がその言葉を使っているのか。
 理解のための羅針盤を持て
というのでしょうね。

 で、逐語的に全ての言葉を訳すのではなく。
 日本人が普通に会話で話すように訳すと。

 そうですね。
 これは、故中村保夫先生の教え通りです。

 著者は、映画吹き替えの声優が理想だと。
 全てを調和させて、世界観に寄り添うのでしょうね。

 納得です。

 次に、レスポンス力とは何かですが。
 そのまんま、即座に反応する力だと。

 では、そのためには何が必要か。
 著者は、文法を理解し、英語の構造を押さえることだと。

 そうですね。
 予測のためには、次に来るのが先読みできる必要がある

 文法が分かっていれば、ifが来ると、thenが来るかもと。
 かるた取りのように、予測ができるようになる。

 当たり前のようですが、パターンを知る。
 パターン認識という、基本こそが王道なのですね。

 更に納得は、語彙力の重要性を語っている点。
 ピタリ来る表現を選び採るのですから。

 第二章、第三章の学習法は、人によるでしょうね。
 学習レベルによって、ピンとくるこないが分かれそう。

 ただ、著者の実例であり、参考にはしていいでしょう。
 全部やろうと思わないことが、多分大事ですが。

 第四章は、英英辞典やネット利用の話が。
 これはこれで、なのですが。

 私としては、ここにない画像検索を勧めたい。
 百聞は一見に如かずですから。

 第五章は、ライトな会話の心構え。
 気楽に役立つでしょうね。

 どんな人でも、第一章だけはお勧め。
 それが感想です、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »