« 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3 | トップページ | 太陽光発電、事業開始が遅れればペナルティ 減額や認定取り消し、経産省 »

2016/06/07

アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

 田中芳樹先生のアルスラーンの新刊が出てました。
 帯に「完結間近」があるが「ほんまかいな?」という進展。

 いや、確かに、皆殺しのトミノ違った、皆殺しの田中状態ですが。
 著者の言葉によると、残りあと1巻だそうですが。

 これで本当に蛇王ザッハークを退治できるのだろうか。
 意味深なファランギース様の呟き(P219)も気になるし。

 それよりも、宮廷画家とアルフリードの悲劇が悲しすぎ。
 いや、その前に……があったので、予感はあったけど。

 それにしても、ここまでして銀仮面を生かした意味はなんだろう。
 蛇王と対面させるためとしか思えないのですが。

 そこで、一体何が語られるのか。
 うーん、あと3巻くらいないと、終わらないようにしか思えない。

 本当に終わるのですか、田中センセ。


アルスラーン戦記15「戦旗不倒」

|
|

« 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3 | トップページ | 太陽光発電、事業開始が遅れればペナルティ 減額や認定取り消し、経産省 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63741224

この記事へのトラックバック一覧です: アルスラーン戦記15「戦旗不倒」:

« 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3 | トップページ | 太陽光発電、事業開始が遅れればペナルティ 減額や認定取り消し、経産省 »