« 上村教授の「日本の会計・監査制度」その2 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3 »

2016/06/05

上村教授の「日本の会計・監査制度」その3

上村教授の「日本の会計・監査制度」その3

 会計・監査ジャーナル2016年6月号より。

○日本の会計・監査制度
 -資本市場の中核を担える態勢とは(Ⅰ)
  上村達男(早稲田大学教授)

 続きです。

 ただ、会計士側の問題だけというわけではない。
 今の証券行政は、本来の在り方からはっきりズレている。

 東芝問題では、何故会計士処罰だけがスムーズなのか。
 会社自身の処罰は遅々として進まないのは、これで良いのか。

 上村教授の問題意識に、正直、なるほど、でした。
 単に、行政の対応のおかしさに憤慨するだけではダメ。

 どこに今回の問題の本当の根っこがあるのか。
 それは、自分達が本来やるべきことが何かを全員が自覚すること。

 自分以外の他人の批判ではなく。
 本人を含め、当事者が皆根本の問題に立ち向かわなければダメ。

 そもそも、資本市場法規制の中、会計・監査はどうあるべきなのか。
 もう一度、立脚点から考え直さなければ、業界に未来はない。

 関根愛子会長が、どんな判断・采配を見せるのか。
 それは分かりませんが。

 極論すると、この20年、業界は、基準の精緻化にあけくれた。
 国際化対応と言えば聞こえは良いが、本質の問題から逃げていた。

 しかし、もう一度問い直さなければならないのでしょう。
 何のために会計は必要で、何のために監査が必要なのか。

 それを万人が納得するように、何ができるのか。
 新執行部の課題は極めて重いのでしょうね。

 で、上村教授の稿は連載のようですので、次回も期待しています。

|
|

« 上村教授の「日本の会計・監査制度」その2 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3 »

企業会計」カテゴリの記事

「会社法」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

金融・金融法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63717428

この記事へのトラックバック一覧です: 上村教授の「日本の会計・監査制度」その3:

« 上村教授の「日本の会計・監査制度」その2 | トップページ | 租税条約をマスターしたい!と思ったとき最初に読む本 その3 »