« 「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴 | トップページ | 配偶者の遺産相続拡大 「義父母の介護」などに金銭的考慮 法制審が中間試案 »

2016/06/21

やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない

やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない

 要するに、嫌われたってことですね。


2016.6.20 16:19更新
【舛添知事公私混同疑惑】
舛添氏が都庁を退庁 セレモニーなし、終始無言…知事室持込みの美術品は舛添氏“自腹”で即、撤去へ

 (略)

 都職員による見送りのセレモニーは長年、慣例として行われてきた。同じく任期半ばで都庁を去った石原慎太郎元知事の際には約1千人の職員らが都庁ホールを埋め、東京消防庁の音楽隊が映画「ロッキー」のテーマなどを演奏。女性職員が花束を手渡した。

 5千万円受領問題で引責辞職した猪瀬直樹前知事の際にも、猪瀬氏の希望で規模は縮小したものの、幹部職員ら約60人がホールに集まり、拍手で見送った。

 舛添氏のセレモニーがなかった理由について、都は「やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない」としている。

 (略)

http://www.sankei.com/affairs/news/160620/afr1606200017-n2.html

|
|

« 「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴 | トップページ | 配偶者の遺産相続拡大 「義父母の介護」などに金銭的考慮 法制審が中間試案 »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63807236

この記事へのトラックバック一覧です: やるかどうかはルールがなく、ケース・バイ・ケース。今回はやらなかったとしかいいようがない:

« 「結婚時期などを報告しろ」「お前の話は誰も信じない」 元女性記者、パワハラ・セクハラで共同通信を提訴 | トップページ | 配偶者の遺産相続拡大 「義父母の介護」などに金銭的考慮 法制審が中間試案 »