« 一敷地一建物の原則と旗竿地(鎌倉靖二氏研修会より) | トップページ | 秀丸メールでの確認メッセージの出し方 »

2016/07/01

評価経済社会とは何か

評価経済社会とは何か

 浮気問題で顰蹙を買って、消滅したかに見えた岡田斗司夫氏。
 評論の見立ての観点は、流石と思わせるものがあります。

 いや、当たっているかどうかは別にして、なるほどと。

なぜ出所したホリエモンは別人になってしまったのか?
BEST TIMES 6月29日(水)12時0分配信

 (略)

 前期と後期で、ホリエモンはまったく違う人間のようです。なぜ彼は、これほどまでに行動を変えてしまったんでしょう? 
 前期ホリエモンは、資本主義社会においてITビジネスを手がけていた。
 後期ホリエモンは、評価経済社会においてカリスマビジネスをやっている。
 これが私の見立てです。

人気によって、企業の株価や資産が大きく変動する

 (略)

 それでは、刑務所に送られたホリエモンは、過去の自分の行状を反省したのでしょうか? あるいは、自分を刑務所に送り込んだ奴らに復讐しようと考えたのでしょうか? 
 答えはそのいずれでもありません。刑務所で彼が没頭したのは、新しいビジネスモデルの創造でした。
 前期ホリエモンもメルマガを発行してはいましたが、それは余興のひとつでしかありませんでした。ところが、刑務所に入ってからはものすごい分量のメルマガを毎週1回、休むことなく出すようになります。
 私が知っている限り、刑務所にいながらコンテンツをハイペースで生産し、新しいビジネスモデルを作り出したのは彼くらいしかいません。

 (略)

 彼はこういう現象を目の当たりにして、「評価」が「お金のように振る舞う」ことを理解するようになったんじゃないでしょうか。

 (略)

文/岡田 斗司夫
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160629-00002430-besttimes-peo

|
|

« 一敷地一建物の原則と旗竿地(鎌倉靖二氏研修会より) | トップページ | 秀丸メールでの確認メッセージの出し方 »

「ニュース」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63849125

この記事へのトラックバック一覧です: 評価経済社会とは何か:

« 一敷地一建物の原則と旗竿地(鎌倉靖二氏研修会より) | トップページ | 秀丸メールでの確認メッセージの出し方 »