« 鳥貴族は経営戦略論のテキストに出てきそう | トップページ | 二大政党のつもりだったのか »

2016/07/10

便利なエクセル操作 その2

便利なエクセル操作 その2

 うーん、CTRL+DやCTRL+Rには、更に上級編があったのね。


田中亨氏の「誰も教えてくれなかったExcelの正しい使い方と考え方【入力に必要な機能編】」

を受講して、目から鱗ですね。

1)CTRL+D →上と同じデータを入力する
  CTRL+R →左と同じデータを入力する

 これ、複数セルに対してもできたのですね。

 その場合、複写先のセルだけでなく、複写元セルを選択しておく。
 これがポイントで、その状態で、CTRL+D(orR)すれば。

 おお!一気に入っちゃうのね。
 すげ。

 しかも、これ、数式でもできるのだ。
 うひゃー、知らなかったよ、お父ちゃん……。

2)CTRL+矢印キーで、表の最後にジャンプ

 たとえば、CTRL+↓で、最終行の入力あるセルにジャンプ。
 表の一番上に戻るなら、CTRL+↑ですぐにジャンプ。

 なんだこれ、こんなの知らなかったよ。

 右や左も同じですね。

 しかも、これ、シフトキーを押しながらやると。
 表のある行全体や、列全体を選択できる。

 表の外枠をクリックすれば、行や列そのものを選択できるが。
 これだと、表以外の部分も選択してしまうのですよね。

 しかし、CTRL+SHIFT+矢印キーなら。
 表の中だけで、ある行全体のセルやある列全体のセルを選べる。

 エクセルって、奥が深いんだ……。

|
|

« 鳥貴族は経営戦略論のテキストに出てきそう | トップページ | 二大政党のつもりだったのか »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/63892428

この記事へのトラックバック一覧です: 便利なエクセル操作 その2:

« 鳥貴族は経営戦略論のテキストに出てきそう | トップページ | 二大政党のつもりだったのか »