« 「外国会社のためのインバウンド法務」鈴木龍介編著 | トップページ | 「人はなぜ不倫をするのか」亀山早苗 その1 »

2016/09/02

海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということ

海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということ

 あの大塚家具の社長さんの取材記事ですが。


キャリアの原点
「人生って思うようにはいかないけど」大塚久美子社長 大塚家具社長 大塚久美子氏(下)

 この方、個性の強すぎる父親に振り回されたよくある家族なんですよね。
 正直、このパターンはよく見ます。

 でも、そこに対する繰り言を言わないで、気分転換の話をするところとか。
 いや、なかなか、頭の良い人だと思いますね。

 で、なるほどな、は下記。

「シリーズモノでも、一話の中で必ず犯人が捕まるドラマがいいですね。そうじゃないと、先が気になってしかたがない。それと、海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということです。とても勉強になりますし、おもしろい部分です。」

 見る人は、やはり見るところ、違うんですね、うん。

|
|

« 「外国会社のためのインバウンド法務」鈴木龍介編著 | トップページ | 「人はなぜ不倫をするのか」亀山早苗 その1 »

「ニュース」カテゴリの記事

事業承継」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/64134054

この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドラマを見ていて思うのは、インテリアがそれを使う人物をよく表現しているということ:

« 「外国会社のためのインバウンド法務」鈴木龍介編著 | トップページ | 「人はなぜ不倫をするのか」亀山早苗 その1 »