« 訴状の作成(ゼロからマスターする要件事実)その1 | トップページ | ATOKを既定のIMEに戻す(Win10AnnivesaryUpdateの馬鹿ヤロー) »

2016/09/23

訴状の作成(ゼロからマスターする要件事実)その2

訴状の作成(ゼロからマスターする要件事実)その2

 「税理」2016年10月号より。

○ゼロからマスターする要件事実
 第10回 訴状の作成
 岡口基一(東京高等裁判所判事)

 続きです。

 そして、この請求の原因の最後で、通称「よって書き」が登場すると。
 「よって、……を求める」という、アレですね。

 この「よって書き」により、請求権が特定されるのだと。
 特定されることの意義説明がないので、ここでちょっと止まりましたが。

 あぁ、要するに、これから法的バトルする際の武器を宣言するのですね。
 どの請求権かというのは、法的な武器が何かだと理解すればですが。

 なんか、騎士の対決で、自分が使う武器の名乗りをあげて戦うようなイメージ。
 そう思えば、少し分かりやすいのかなと、勝手に想像。

 で、ちょっと困るのが、「第9回 訴訟における要件事実」(「税理」2016年9月号)を読んでいないと分からない記述が出てくることですね。

 9月号では、「訴訟の3段階」と言っていたのが。
 この号では、「訴訟の3レベル」と言い換えてありますが。

 確認すると、訴訟は、請求・主張・立証の3段階で内容を検討すると。
 請求(請求権)←主張(発生や消滅について)←立証(争点)

 ここで、要件事実が重要性を持つのは、主張レベルだと。
 そのような話でした。

 それを踏まえて、

・間接事実や補助事実は、立証レベルの問題で、要件事実の問題ではない
・請求権の特定は、請求レベルの問題で、要件事実の問題ではない

 なんて記述が出てきます。

 連載をずっと、丁寧に追いかけていれば、理解できますが。
 今号だけ読む読者には、ちょっと不親切で、せめて用語は揃えて欲しかった。

 いや、2ページに、これら全てを圧縮して解説してくれるという。
 著者の卓越した能力に甘えて、敢えてささやかな希望を言えばですが。

 なお、今号(「税理」2016年10月号)特集では、私の原稿も久々に掲載されました。
 税理士の方々は、「買って」読んでみてね。

|
|

« 訴状の作成(ゼロからマスターする要件事実)その1 | トップページ | ATOKを既定のIMEに戻す(Win10AnnivesaryUpdateの馬鹿ヤロー) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

丁重なリプライありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: アルキメデス | 2016/09/24 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/64245963

この記事へのトラックバック一覧です: 訴状の作成(ゼロからマスターする要件事実)その2:

« 訴状の作成(ゼロからマスターする要件事実)その1 | トップページ | ATOKを既定のIMEに戻す(Win10AnnivesaryUpdateの馬鹿ヤロー) »