« 「うなぎパイ」がJR名古屋駅から消えた→エスカか高島屋地下食品売り場へ行け! | トップページ | 熱さまシート貼ってみた »

2016/09/08

不動産探偵の冒険

不動産探偵の冒険


「不動産探偵の冒険」芹澤大介
 幻冬舎メディアコンサルティング
 2016年6月28日第1刷発行

 なかなか面白かった。
 そうだよな、という。

 ただし、前提として、不動産評価の仕組みというか。
 建築基準法や位置指定道路について、最低限の知識が要るのですね。

 あまり書くとネタばらしになりますが。

 要は、売却時用途の区割りで、無道路地にならないことが必要。
 現況の利用でどうかではなく、新規取得者目線で見るべき。

 そこで、現地を目で見るだけでなく、役所調査が大事で。
 特に都内の場合、位置指定道路台帳と公図確認が必須だよと。

 ここが、この話のキーポイントなのですが。
 基礎知識がない読者には、ピンと来ないんじゃないかな。

 戸建分譲の場合の想定区割図がないので、余計そう思う。
 マンションならセーフで、戸建分譲だとなぜダメなのか。

 比較で、2つの図面を入れれば、全然わかりやすさが違った。
 それがないので、分かる人しか分からない説明になっている。

 今売り出し中の鎌倉靖二氏あたりは、この辺逃さないでしょうね。
 端的に言えば、鎌倉氏と比較して、読者目線が足りないのですが。

 波乱万丈を過剰に入れたのも、ちょっと興をそぎました。
 やりすぎで、匂いぷんぷんというか。

 ということで、この本が自費出版に留まる理由は、そのあたりか。
 厳しく言えば、そういうことになる。

 ただ、前提知識があれば、それなりに面白く読めるので。
 本屋で見かけたら、少し眺めてみて、買うかどうか決めてはと。

|
|

« 「うなぎパイ」がJR名古屋駅から消えた→エスカか高島屋地下食品売り場へ行け! | トップページ | 熱さまシート貼ってみた »

アパマン経営」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/64168077

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産探偵の冒険:

« 「うなぎパイ」がJR名古屋駅から消えた→エスカか高島屋地下食品売り場へ行け! | トップページ | 熱さまシート貼ってみた »