« コメ対セクシー女優ってか | トップページ | 不案内な土地でも安心…タクシー代、事前に確定 »

2016/09/21

(金融機関は)株をやりたいから3000万円貸してと言っても貸してくれないが、不動産だったら貸してくれる」

(金融機関は)株をやりたいから3000万円貸してと言っても貸してくれないが、不動産だったら貸してくれる」

 要するに、バブルですよね。


“サラリーマン大家”増加のワケ、日銀が大規模緩和を初の総括へ
2016年09月20日 19時02分 TBS

 「サラリーマン大家」という言葉をご存じでしょうか。いま、アパートに投資する会社員の方々が増えています。その原因の一つが政府日銀の金融緩和策がもたらしたマイナス金利です。いまの金融緩和は物価上昇を狙って世の中に大量のお金を供給しています。この3年半で、平均株価は一時2万1000円目前まで上昇、125円台まで円安が進み、一部の大企業では賃金アップがみられました
。しかし、肝心の物価は緩和前の水準にまで逆戻り、目標は達成できていません。「サラリーマン大家」に象徴されるように、消費よりも投資にお金が回っているようなんです。

 (略)

 「(金融機関は)株をやりたいから3000万円貸してと言っても貸してくれないが、不動産だったら貸してくれる」(アパート投資ツアーの参加者)

 新築の住宅着工数をみても、マイナス金利導入以降、アパートなど「貸家」の着工が伸びているのがはっきりわかります。

 一方で、不動産投資へ集中的にお金が流れこんでいる状況に、不動産業者も警戒感を示しています。

 「過熱はしていると思う。(不動産投資は)収入と負債のバランスを見てやっていかないと危険」(不動産コンサルティング会社 シー・エフ・ネッツ 剱持曉さん)

 別の不動産業者も。

 「(活況の理由は?)ひと言で言えば『金融機関がいっぱい貸す』。銀行がマイナス金利もあって(融資を)出さなきゃいけない時代に、なかなか貸せる場所がないのが正直なところでは」(不動産管理会社 コンスピリート 村上幸生 社長)

 この物件は、投資家が買った後に空室が続いたため、この会社が相談を受け、リフォームを手がけています。

 「今回のオーナーに聞いたら、(買う前に)物件を見に来ていなかった。それくらい簡単に買えてしまうのが問題。銀行さんの貸し過ぎです」(不動産管理会社 コンスピリート 村上幸生 社長)

 (略)

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12198-70124/

|
|

« コメ対セクシー女優ってか | トップページ | 不案内な土地でも安心…タクシー代、事前に確定 »

アパマン経営」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

金融・金融法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34065/64234374

この記事へのトラックバック一覧です: (金融機関は)株をやりたいから3000万円貸してと言っても貸してくれないが、不動産だったら貸してくれる」:

« コメ対セクシー女優ってか | トップページ | 不案内な土地でも安心…タクシー代、事前に確定 »