« 一番わかる確定拠出年金の基本のき その5 | トップページ | 典型契約における「せりあがり」その2(ゼロからマスターする要件事実) »

2017/01/25

典型契約における「せりあがり」その1(ゼロからマスターする要件事実)

典型契約における「せりあがり」その1(ゼロからマスターする要件事実)

 月刊「税理」2017年2月号(ぎょうせい)より。

〇ゼロからマスターする要件事実
 第14回 典型契約における「せりあがり」
 岡口基一(東京高等裁判所判事)

1 請求原因の要件事実

 請求原因の要件事実は何か。
 請求権の発生原因というのが、セオリーだと。

 しかし、例外があるのだと。

 1つは、保証債務履行請求の請求原因における「書面性」であり。
 これは既に扱っているわけですが。

 更に、民訴における「せりあがり」理論により場合があるのだと。
 その場合も、請求権の発生原因以外の要件事実が、請求原因に追加されるのだと。

 たぶん、人によっては「ん?せりあがりって何だ?」って感じですが。
 特に説明なく、そのまま説明が続きます。

 後の内容を見ると、順番が先に繰り上がるイメージですね。
 再抗弁で済む筈のものを、請求原因で主張しておかなきゃダメとするものがあると。

2 請負型の契約に基づく請求

 民法の典型契約のうちの幾つかについては、上記の例外になり得るのだと。
 代表例として、ここでは請負契約の報酬請求権が扱われています。

 普通に考えると、請負契約の成立が請求原因の要件事実だで良さそうだが。
 実務では、それ以外の要件事実があるのだと。

 「請負人が仕事を完成させたこと」であり、常識的。
 ただ、これって、要件事実の流れで言えば、本来位置と違いますね。

 著者が説明するように、再抗弁に位置づけるべきもの。
 それを、請求原因の段階で、主張させるようにしてある。

 本来の位置より先に来るので「せりあがり」と呼ぶのですね。

 続きます。

|
|

« 一番わかる確定拠出年金の基本のき その5 | トップページ | 典型契約における「せりあがり」その2(ゼロからマスターする要件事実) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一番わかる確定拠出年金の基本のき その5 | トップページ | 典型契約における「せりあがり」その2(ゼロからマスターする要件事実) »