« 風力発電事業の概要と融資検討のポイント(近代セールス) | トップページ | 信頼できる情報を入手するには、ドメインを限定する »

2017/01/02

兄弟同士で妻を共有する一妻兄弟婚

兄弟同士で妻を共有する一妻兄弟婚

 一夫多妻制ではなく、一妻多夫制ですか……。
 不倫の多い現代の実情には合っているか、なんて筈はないですが。


2016.12.24 15:00更新
【教えて!goo】
一夫多妻制、一妻多夫制があるのはどこの国?

 (略)

 一人の女性が同時に二人以上の男性を配偶者とする一妻多夫婚の事例は、現実には非常に少ない。インドの「トダ族」や、同じくインド・ケララ州の領主身分カースト「ナヤール」、他には「チベット人」、ポリネシアの「マルケサス島人」、スリランカの「シンハラ人」などの一部の民族でみられるという。その中でも、兄弟同士で妻を共有する一妻兄弟婚と呼ばれるケースが多くを占めるそうだ。

 一妻多夫婚とされる多くの場合、実際に男たちによって共有されているのはその女性との性行為の権利だけだという。生まれてきた子どもは、しばしばその女性と最初に契約を結んだ男の実子とされる。一方、ナヤールの夫たちは妻の元に通うだけで同居せず、生まれてくる子どもに対して一切責任を負わず家族を養う義務もないとのこと。

 (略)

http://www.sankei.com/west/news/161224/wst1612240006-n3.html

 一妻兄弟婚って、戦後の日本で、戦死した兄の嫁さんを弟が娶るとか。
 そういう話じゃないのですね、びっくり。

 人々の価値観って、多様だ。
 その一例なんでしょうね。

|
|

« 風力発電事業の概要と融資検討のポイント(近代セールス) | トップページ | 信頼できる情報を入手するには、ドメインを限定する »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

結婚・家族関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風力発電事業の概要と融資検討のポイント(近代セールス) | トップページ | 信頼できる情報を入手するには、ドメインを限定する »