« 書く力 私たちはこうして文章を磨いた その10 | トップページ | 認知症診断、遅れる恐れ 改正道交法で受診者急増に懸念 »

2017/02/18

書く力 私たちはこうして文章を磨いた その11

書く力 私たちはこうして文章を磨いた その11


「書く力 私たちはこうして文章を磨いた」
 池上彰・竹内政明
 朝日新聞出版 2017年1月30日第1刷発行
 朝日新書600

 続きです。

...「たとえ」の作り方

....P110
竹内 (略) ……、物語の中身を投影しながら、自分で使った「列車のたとえ」に、もう一度、働いてもらう。これがなかなかできない。

◆潜在意識に残しておいて、物語をつなげるということですかね。
 しかし、この繋がりがないと「エウレカ!」のカタルシスはないわけです。

...P111
竹内 (略)
 気象予報士の草分けである倉嶋厚さんが書いた「雨のことば辞典」にもよくお世話になります。

◆今度買ってみます。

...「です・ます」調と「だ・である」調の書き分け

....P115
竹内 (略)
 読者としては、対象の書物に100%賛成している書評も、100%反対している書評も、どちらも胡散臭く感じますけれども、褒めるところは褒め、「ここはちょっと」というところについては遠慮なく指摘する文章は、安心して読むことができる。解説文の1つのあるべき形でしょうね。

◆amazon書評あたりでの心得ということでしょうか。

 続きます。

|
|

« 書く力 私たちはこうして文章を磨いた その10 | トップページ | 認知症診断、遅れる恐れ 改正道交法で受診者急増に懸念 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書く力 私たちはこうして文章を磨いた その10 | トップページ | 認知症診断、遅れる恐れ 改正道交法で受診者急増に懸念 »