« 「私立学校の教育方針を問題にしたら、国家権力の教育への介入になる」 | トップページ | The Crickets - I Fought The Law »

2017/03/03

「成年後見」のススメ(Wedge)その1

「成年後見」のススメ(Wedge)その1

 雑誌Wedge2017年3月号より。

〇Special Report
 認知症700万人時代への備え
 「成年後見」のススメ
 文:Wedge編集部(塩川慎也、今野大一、浅野有紀)、松尾康憲

【PART 1 地域に埋もれる後見ニーズ 試される地域連携の力】
「後見格差」の知られざる実態 責任の擦り合いから一歩踏み出せ
文:Wedge編集部(塩川慎也)

 うーん、「パラサイトされる高齢者」ですか。
 確かに、そういうケースも少なからずあるでしょうね。

 しかし、実際には、誰かが面倒をみないとその高齢者そのものが困る。
 そして、そうなると、その誰かは働きに出ることもできないとすれば。

 ある程度、蓄えている人間が出さなきゃしょうがないのでは。

 で、成年後見人の担い手について、ここ10年で様変わりしたと。
 2004年には親族8割だったのが、2015年には親族3割になったと。

 つまり、第三者が、2割から7割と「外注化」が顕著だと。
 第三者とは、弁護士や司法書士などの成年後見専門職ですが。

 この他に市民後見人という担い手の育成も進められているものの。
 地域の財政難により、地域支援体制が脆弱になってしまう。

 東京23区でも、支援体制には格差があるのだと。
 品川区と他の区とでは、下手すると10倍の差があると。

 身上監護については、専門職がやるよりも市民後見人が望ましいが。
 担い手が増えないことには、どうしようもない。

 で、成年後見の推進のため利用促進法が成立したものの。
 地方と国とでは足並みがそろわない現況だと。

 更に、主体として期待される社会福祉協議会にしても。
 行政から全部押しつけられてはたまったものではないと。

 問題山積みってのは、確かにそうなんでしょうね。

 続きます。

|
|

« 「私立学校の教育方針を問題にしたら、国家権力の教育への介入になる」 | トップページ | The Crickets - I Fought The Law »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「私立学校の教育方針を問題にしたら、国家権力の教育への介入になる」 | トップページ | The Crickets - I Fought The Law »