« 堺市キャラ「ハニワ課長」「ハニワちゃん」の電話メモ人気 “手作り感”受け | トップページ | 日本の政治は言葉狩り »

2017/04/07

マイナンバー情報利用料100億円 健保組合が猛反発

マイナンバー情報利用料100億円 健保組合が猛反発

 なんだかなぁとしか言いようがないですね。


マイナンバー情報利用料100億円 健保組合が猛反発
朝日新聞デジタル 4/6(木) 18:38配信

 中小企業の会社員らが加入する「協会けんぽ」や大企業の「健康保険組合」などが、加入者やその家族のマイナンバーを使って所得確認などをするシステム利用料が、合計で年約100億円にのぼることがわかった。ただ健康保険組合連合会(本部・東京)が「高額にすぎる」と反発。厚生労働省は引き下げの検討を始めた。

 システムは7月の稼働を目指し、厚労省主導で220億円をかけて開発を進めている。健保組合などが加入者のマイナンバーを使って、住民票のデータや家族の収入、年金を受け取っているかどうかなどの情報が取り寄せられる。加入者の扶養家族の確認や、傷病手当金と公的年金を二重で受け取っていないかなどもチェックできるという。

 ところが今年1月、厚労省が各健保組合に対して、システム運営費をまかなうために、利用料として加入者とその家族について1人当たり月額10円弱の負担を求める通知を出した。個別の利用件数にかかわらない一律の負担。計8千万人余りが対象となり、年間で約100億円の利用料となる。病院や診療所が請求する診療報酬の審査などを手がける「社会保険診療報酬支払基金」(本部・東京)が料金を集める。

 (略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000078-asahi-soci

|
|

« 堺市キャラ「ハニワ課長」「ハニワちゃん」の電話メモ人気 “手作り感”受け | トップページ | 日本の政治は言葉狩り »

「ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

金融・金融法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 堺市キャラ「ハニワ課長」「ハニワちゃん」の電話メモ人気 “手作り感”受け | トップページ | 日本の政治は言葉狩り »