« FHHのテーマ(ペリカンロード) | トップページ | 民法が裁判規範であることの生き証人(ゼロからマスターする要件事実 第17回) »

2017/04/25

マンション敷地に戸建て 二重使用で違法建築に 東京・杉並区が是正命令も(産経新聞)

マンション敷地に戸建て 二重使用で違法建築に 東京・杉並区が是正命令も(産経新聞)

 敷地の考え方ですが。

 1建物1敷地の原則から、最初の申請を行政が蹴ったのは、当然のようですが。
 次の申請では、どうして通ってしまうのでしょう。

「しかし、フロンティア社はグローバル社と合意の上、一旦売買契約を解除。駐
車場部分の所有権をフロンティア社のグループ会社に移転し、第三者からグロー
バル社が購入する形を取り、グローバル社が再び建築確認を申請。駐車場部分の
敷地で戸建てを建築すること自体は適法であるため、認められた。」

 どうして、グループ企業経由だと可能になるのでしょうか。

マンション敷地に戸建て 二重使用で違法建築に 東京・杉並区が是正命令も(産経新聞)2017.4.24 17:00更新

|
|

« FHHのテーマ(ペリカンロード) | トップページ | 民法が裁判規範であることの生き証人(ゼロからマスターする要件事実 第17回) »

アパマン経営」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FHHのテーマ(ペリカンロード) | トップページ | 民法が裁判規範であることの生き証人(ゼロからマスターする要件事実 第17回) »