« 共済会・会社の給付・貸付と共済会の福祉事業〈2016年版〉 | トップページ | 激変する既存住宅ビジネスと税制活用 (空き家3割時代到来!) »

2017/05/30

はじめての賃貸マンション大規模修繕-新米オーナーのための30ヵ条

はじめての賃貸マンション大規模修繕-新米オーナーのための30ヵ条


はじめての賃貸マンション大規模修繕-新米オーナーのための30ヵ条
岡田-長治 オーム社 平成25年3月22日第1版第1刷発行

 これは貴重な本だと思います。

 筆者自身が、賃貸マンションの大規模修繕工事で直面した内容を踏まえていて。
 なおかつ、実際の物件、実際の現場写真入りです。

 例えば、「04 全工程共通 現場写真は定点観測で残す」。
 同じアングルで工事の前・後の写真が並べてあります。

 まさに、変化が一目瞭然です。

 作業現場を撮影する際のポイントとしてあげてあるのは、

 [1]いつも同じアングルで撮ること
 [2]カットの前に部屋番号を撮っておくこと
 [3]1日のうちに何度も撮ること
 [4]最後は同時に同じ構図を2枚撮っておくこと

 で、[3][4]がポイントだと。

 特に[4]は言われるとコロンブスの卵だなと。
 写真の写り方でたまたま、と言われるのを防げると。

 撮影したつもりが、写ってなかったのミスも減らせるでしょうね。

 この項の最後に、起きた問題・原因・予防策がまとめてあります。

・不具合(trouble) 不具合がすでに見えなくなってしまっている。
・その原因(cause) 当時の証拠が残っていない。
・予防策(step) 不具合がなくても写真を撮っておく。

 で、「よく気がつくな!」が満載です。
 例えば、「22 現場管理 現場は高齢化している」とか。

・不具合(trouble) 「裏側」や「下部」の見落としが続く。
・その原因(cause) 現場監督の足腰が弱く、しゃがめない。
・予防策(step) 現場監督や作業者が高齢化していることを知っておく。

 私自身は、物件所有者でも何でもありませんが。
 しかし、この本は、賃貸マンションオーナーにはお勧めだと思います。

 ただ、全部人任せの人は、読めと言っても読めないだろうなと思いますが。

|
|

« 共済会・会社の給付・貸付と共済会の福祉事業〈2016年版〉 | トップページ | 激変する既存住宅ビジネスと税制活用 (空き家3割時代到来!) »

アパマン経営」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 共済会・会社の給付・貸付と共済会の福祉事業〈2016年版〉 | トップページ | 激変する既存住宅ビジネスと税制活用 (空き家3割時代到来!) »