« 「東芝監査、会計士が一時離脱=対立深刻、4月に異常事態」というけれど | トップページ | 「これもサギ・・・きっとサギ」松坂慶子さんが注意喚起 »

2017/05/14

買ってはいけない家と土地 その4

買ってはいけない家と土地 その4


買ってはいけない家と土地
高橋輝
自由国民社 2016年12月20日初版第4刷発行

 続きです。

.第4章 着工前に買う?建物を見学してから買う?
    新築の土地付き一戸建ては魅力がいっぱい

..安かろう悪かろうとは言い切れない、最近の建売住宅事情

 価格が分かりやすい、建物を見て決められるメリットがあると。(P123-124)
 逆に、デメリットは、駅から遠い物件が多いと。(P125)

 なるほど。

..着工前ならどこまでプランを変更してもらえる?

 業者次第だと。(P128)

..標準装備で付いていないこともある設備はこれ!

 照明器具・カーテン・空調設備などはついていないのが普通だと。
 しかし、網戸・シャッター・面格子・カーテンレールなどは業者次第と。(P129)

 意外に盲点だが、結構な出費になるのだと。

..内覧会ではこんなところをチェックしよう

 クロス破れや、フローリングの傷は見ておくべきだと。
 引っ越し後に気が付くのでは、売主に責任を問えない可能性大なのですね。(P132)

 色々撮影しておくのが重要みたい。

..第三者の住宅検査はやるべき?

 公認ホームインスペクターの検査はお勧めだと。
 (P137)

..屋根付きカーポートは建ぺい率オーバーに注意しよう

 建売分譲住宅は、建築基準法の建ぺい率がギリギリなので。
 屋根付カーポートを設置したり、ベランダに屋根を付けると危険だと。

 完了検査前に屋根付カーポートを設置して、検査通らないこともあると。
 物置が、建ぺい率に算入されることもあるのだとか。

 場合によっては、取り外ししないと売却できないので。
 その時点で、余計な費用が必要になりかねない。

 取り付ける意図がある場合、事前に設計会社に相談せよと。
 (P138-140)

 うーん、これは気が付かないで違法状態になるのですね。
 結構ありそうで、怖い。

 続きます。

|
|

« 「東芝監査、会計士が一時離脱=対立深刻、4月に異常事態」というけれど | トップページ | 「これもサギ・・・きっとサギ」松坂慶子さんが注意喚起 »

アパマン経営」カテゴリの記事

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「東芝監査、会計士が一時離脱=対立深刻、4月に異常事態」というけれど | トップページ | 「これもサギ・・・きっとサギ」松坂慶子さんが注意喚起 »