« 自分でする相続放棄[碓井孝介]その4 不動産があるなら | トップページ | 税大論叢での引用雑誌・書籍 »

2017/07/02

「不動心論」大山康晴

「不動心論」大山康晴


「不動心論」大山康晴
KKロングセラーズ 2017/5/19

 将棋の十五世名人大山康晴先生が不動心について語ると。
 当然ながら、座右の銘である「忍」の心を語るわけですが。

 単なる道徳論ではなく、稀代の勝負師の言葉と感じさせます。

 もちろん、本人が一から書いたとは思えませんし。
 恐らくは、河口先生か誰かの手によるものなのでしょう。

 しかし、ご本人の口から出た言葉なのだろうなと感じることが幾つか。
 まさに第一人者ならではの洞察が出てきます。

 この本で特に感動したのは、訂正力という言葉です。
 体力が落ちていると、訂正力が落ちてしまうというのです。

 勝負の世界は、最後で間違えた方が負けると言います。
 一局をノーミスで終わるのはまず不可能と、米長先生がかつて喝破した通り。

 であれば、いかに訂正力を発揮しあうかが、勝負の中心になる。
 なるほどです。

 かつて、ゴルフのプロたるゆえんは、リカバリーショットだと。
 誰かがが言っていたことに通じます。

 このあたり読むだけでも、買いの本だと思います。

 あと、我慢できるのも才能だというのも、納得です。
 技術でなく、性格を育てることの意義は、まさに現代的テーマでしょう。

 大山先生が亡くなられたのは、平成4年のことですから。
 既に、もう25年が経過しています。

 たぶん、かつて出た本の再刊行版だと思うのですが。
 お勧めです。

|
|

« 自分でする相続放棄[碓井孝介]その4 不動産があるなら | トップページ | 税大論叢での引用雑誌・書籍 »

将棋・囲碁」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分でする相続放棄[碓井孝介]その4 不動産があるなら | トップページ | 税大論叢での引用雑誌・書籍 »