« 「ブラックジャックによろちんこ」って | トップページ | 顧問先の休廃業・解散にかかる税務と手続きQ&A »

2017/08/01

沖縄のガソリンが高い! 1リットル139円70銭、税が安いのに全国最高値の理由とは

沖縄のガソリンが高い! 1リットル139円70銭、税が安いのに全国最高値の理由とは

 昔、沖縄に行って、ガソリン価格の安さにビックリ。

 免税措置があるんだろうなと思ってました。
 なんか不公平だよなと。

 で、それだけじゃなかったんですね。
 今でも免税措置あるけど、それでも価格が高騰。

 まぁ、今まで安すぎたので、ちょうどいいのでは(失礼)。


沖縄のガソリンが高い! 1リットル139円70銭、税が安いのに全国最高値の理由とは
8/1(火) 7:05配信
沖縄タイムス

 資源エネルギー庁の石油製品小売市況調査(都道府県別)によると、沖縄県内のレギュラーガソリンの1リットル当たりの小売価格が7月24日時点で139円70銭となり、7週連続で全国最高値となった。県内は復帰特別措置でガソリン税が7円減免されているが、全国平均との価格差は8円60銭まで広がった。南西石油が2015年4月に県内唯一の製油所を閉鎖したことで、ガソリンは県外や海外から調達するようになり、その分輸送コストが増加。卸売り・小売り各社ともコストを吸収できずに価格転嫁を進めており、税の減免効果は薄まっている。(政経部・照屋剛志)

 (略)

 15年は、産油国の増産で全国的にガソリン価格は低下傾向となったが、県内の下落の勢いは本土に比べ鈍く、全国平均との価格差は縮まって、同年6月第3週には3年ぶりに県内が全国平均を上回った。

 16年4月には、東燃ゼネラル石油(東京)が、南西石油の供給・配送拠点を賃借し、県内での供給を開始。ただ、業界関係者によると、南西石油への管理費支払いなどがかかり、同月から卸売価格は5円50銭引き上げられた。

 価格差は16年4月第1週に5円40銭となり、その後も拡大基調。価格は全国で1~5位の高値が続き、価格差も3~10円で推移している。16年12月に太陽石油が南西石油を買収し、石油製品を販売。精製事業はせず、県外から調達するため、価格が高止まりする構造が続いている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00121263-okinawat-oki

|
|

« 「ブラックジャックによろちんこ」って | トップページ | 顧問先の休廃業・解散にかかる税務と手続きQ&A »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ブラックジャックによろちんこ」って | トップページ | 顧問先の休廃業・解散にかかる税務と手続きQ&A »