« Anita Ward - Ring My Bell | トップページ | 「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って »

2017/08/13

「Excelの数式入力のコツ」その1 「数式のワンパターン化」って

「Excelの数式入力のコツ」その1 「数式のワンパターン化」って

 すごく良いことが書いてあるのに。
 表現が悪くてもったいない本って、時折ありますが。

 これもその1つ。


計算ミスが激減する
Excelの数式入力のコツ
-数式をワンパターン化すれば
 Excelの作業は驚くほど速くなる!
村田吉徳
技術評論社 2017年6月8日初版第1刷発行

 著者のいう「数式のワンパターン化」という概念ですが。
 これ、「算式のメンテナンスフリー化」と言うべきです。

 コンセプトは、関数の引数をコピーフリーにする。
 そのために、引数は、算式の外に出してしまうべきだ。

 というのが、著者の主張であり、同意できます。

 もっと言えば、大量データを扱ったりする場合や。
 頻繁にメンテナンスの必要なワークシートの場合が対象。

 つまり、ビジネスユーザーが読者となるべき書籍です。
 すると、副題の付け方ももう少し工夫が出来た筈。

 この著者は、Excel本を相当数出版されていますし。
 企業向けvbaツール開発実績もお持ちのようです。

 要は、Excelの経験は豊富だし、知識も持っているので。
 著者の問題意識と、対処の仕方は確かなのです。

 ところが、残念なことに、表現がイマイチ。
 先に挙げた「数式のワンパターン化」もその1つ。

 普通の人は、言葉だけ聞くと、作り方の話だと思いますよね。
 つまり、やり方をワンパターンにすることだと思う。

 著者は「ワンパターン化入力」なんて表現もするので。
 なおさらですが。

 続きます。

|
|

« Anita Ward - Ring My Bell | トップページ | 「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Anita Ward - Ring My Bell | トップページ | 「Excelの数式入力のコツ」その2 「INDIRECT関数は、オブラートの役割」って »