« 創造性とはなかった組み合わせを見つけるということ(羽生先生) | トップページ | Firefoxのファイル共有サービス「Send」が話題、1GBまでのデータを安全にシェア »

2017/08/06

AIは「前よりも確率的にパフォーマンスが上がること連続的にやっているだけ」(羽生先生)

AIは「前よりも確率的にパフォーマンスが上がること連続的にやっているだけ」(羽生先生)

 「ファイナンス」平成29年3月号より。

 なるほど。
 AIが人間を全て凌駕したわけではない、と言って良いのですね。


羽生 (略)

 なぜかと言うと、つまり、ここに人間の心理の微妙な違いがあると思うのですけど、コンピュータがやっているのだから万能だとか完璧だとか100%だというのは大きな誤解で、ディープラーニングがやっているのは前よりも確率的にパフォーマンスが上がること連続的にやっているだけなのです。それは100%の回答ではないです。以前は70%だったのが今度は71%になって、次は72%になるということで、それが完全な答えではないと言うことも広く伝えていくことが普及の要になると思っています。また、「真実は何か」と聞かれたときに、AIはAIで間違いなく人間の持っていない大きな知性だと思いますが、それを人間が補完することによって、真実により近づいていけるのではないか、それは決して完全なものではないでしょうけど、前よりは少なくとも良い状態で進歩したと言えると思っています。


超有識者場外ヒアリングシリーズ
文化・科技編:羽生 善治 棋士(三冠)(王位・王座・棋聖)
「ファイナンス」平成29年3月号

 小松左京の思想と同じですね。

 AIと人間の協業をいかに考えていくべきか。
 ついに、そのような時代に入ったということなのでしょう。

|
|

« 創造性とはなかった組み合わせを見つけるということ(羽生先生) | トップページ | Firefoxのファイル共有サービス「Send」が話題、1GBまでのデータを安全にシェア »

「おすすめサイト」カテゴリの記事

将棋・囲碁」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 創造性とはなかった組み合わせを見つけるということ(羽生先生) | トップページ | Firefoxのファイル共有サービス「Send」が話題、1GBまでのデータを安全にシェア »