« マイクロソフト伝説マネジャーの世界No1プレゼン術 | トップページ | 『税務棚』日記(税務弘報) »

2017/09/12

BEPS 動き出した国際税務基準

BEPS 動き出した国際税務基準


「BEPS 動き出した国際税務基準」
 望月一央
 中央経済社 平成29年9月15日第1版第1刷発行

 BEPS関係の本としては、意外ですが、基本的なことから書いてあります。
 国際税務の基本的な考え方から入って、二重課税排除の説明へ。

 そして、BEPS問題の本質は、国際的二重非課税なのだと。
 恣意的な租税条約利用で、本来趣旨の二重課税排除目的を逸脱するのだと。

 この国際的二重非課税というのは、比較的新しい概念であると。
 そうですね、初めて見ました。

 しかし、言われるとなるほどですね。

 特に読むべきだと思ったのは、「中小企業にとってのBEPS問題とは?」 (P109~116)の箇所。
 概してさらっとした記述ですが、個人的には必読という気がします。

 行動計画10関係で、ベンチマーク分析が不要の場合が書いてあり。
 経費のマークアップ率5%の流れができるかもしれないとか。

 人的PEの話とか、ざっとでも知っておくべき話でしょうね。

 で、この本は、全体的に、平易な言葉で書いてあります。
 国際税務の基礎知識ゼロの人間でも、読み通せるような記述です。

 恐らく、これまでのBEPS関係書籍は、「関係ないし読まない」ですが。
 この本は、海外子会社などあれば、是非読んでおくべきでしょうね。

 ということで、内容は、☆5レベル。
 ただ、英語が頻繁に出てくるのに縦書きなので、☆4か。

 その点だけ残念ですが。
 でも、200ページで、ちゃんと読める内容の本にまとまっているのは凄いかも。

|
|

« マイクロソフト伝説マネジャーの世界No1プレゼン術 | トップページ | 『税務棚』日記(税務弘報) »

国際税務・国際的租税回避」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイクロソフト伝説マネジャーの世界No1プレゼン術 | トップページ | 『税務棚』日記(税務弘報) »