« 性犯罪に関わる判決文は載せないルールになっていた(東京高裁) | トップページ | 金融庁、償却・引当ルール柔軟化、来夏にも新基準策定 »

2017/12/27

愛知の病院 36協定なく医師呼び出し 労基署が是正勧告(毎日新聞)

愛知の病院 36協定なく医師呼び出し 労基署が是正勧告(毎日新聞)

 労基法関係について、医師にも話が及び始めたと。


愛知の病院 36協定なく医師呼び出し 労基署が是正勧告
会員限定有料記事 毎日新聞2017年12月26日 20時25分(最終更新 12月26日 20時25分)

 藤田保健衛生大病院(愛知県豊明市)が、医師との間に時間外労働(残業)に関する労使協定(36協定)を結ばず緊急呼び出しを繰り返し、割増賃金も支払っていなかったとして、名古屋東労働基準監督署から是正勧告を受けたことが関係者への取材で分かった。勧告は11月22日付。

 同病院は病床数が1400以上で、高度医療を提供する特定機能病院。厚生労働省幹部は「この規模で協定が結ばれていないのは通常あり得ない。組織の在り方として問題だ」と批判している。

 (略)

https://mainichi.jp/articles/20171227/k00/00m/040/108000c

 全国でこれやり始めて、医療崩壊が起きた場合。
 厚労省はどうするんでしょうね。

 医師がブラック労働でいいと言っているわけではなく。
 ちゃんと落としどころが分かっているのか、疑問だと言っているだけですが。

|
|

« 性犯罪に関わる判決文は載せないルールになっていた(東京高裁) | トップページ | 金融庁、償却・引当ルール柔軟化、来夏にも新基準策定 »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

医療・福祉」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 性犯罪に関わる判決文は載せないルールになっていた(東京高裁) | トップページ | 金融庁、償却・引当ルール柔軟化、来夏にも新基準策定 »