« ポルスト(POLST)って何だ(生命維持治療に関する医師による指示書) | トップページ | 長時間残業が精神を蝕んだ例ではないのか »

2018/03/13

マスコミ報道の異常性を表す事例の1つ(だれが眞子さまと圭さんの破談を望むのか)

マスコミ報道の異常性を表す事例の1つ(だれが眞子さまと圭さんの破談を望むのか)

 先の相撲協会関係の報道でも顕著でしたけれど。
 明らかにある方向のストーリーに収束させるための報道が続く。

 恐ろしいなぁと思うのは、報道に洗脳される人達がかなりいること。
 相撲協会の件は、自分の身内と話していても、そうでした。

 で、ある程度いろんなことが見えてきた段階になって再度話すると。
 完全にトーンダウンしていました。

 当初マスキングされていた報道の中身が、徐々に出てきて。
 与えられたイメージとえらく違う状況が見え始めたからでしょう。

 ただ、「でも」と当初の見解に固執しつつというのは心理学の教え通り。
 マスコミの洗脳は明らかに効果があり、成功しやすいのだなと。

 で、今回の皇室報道も、まさにそうではないかと感じていました。
 事実の裏取りができない話や、整合性のない話がポンポン出てくる。

 下記記事は、各社記事を紹介する形で一連の流れを扱っています。
 筆者は元ゲンダイ編集長なので、割り引いて読むべきでしょうけど。


だれが眞子さまと圭さんの破談を望むのか
2018年02月28日 09時15分 PRESIDENT Online 元木昌彦

 誰の意図かなんて話は書いていないですが、共感する部分がありました。
 私自身が同意するのは、

「だが、自分が思っていた女性ではないようだから別れた。世の中には掃いて捨てるほどあるありふれた話の一つである。その後、自分が零落したから、そのカネを返せというのは、どう考えても男らしくない。

彼女の息子が玉の輿(こし)に乗るからと、そうした男女間の痴話げんかの様な話を、この時期に週刊誌に話すというのは、カネの問題以外に何か裏があるのではないかと、私なら疑う。」

 あたり。

 つまり、これもまた、マスコミ報道の異常性を表す事例の1つだろう。
 私は、そう思っているわけです。

 もっと言えば、全体主義を作り出すのは政治ではなく。
 マスコミ自身であることに、どうして気が付かないのだろうかとも。

 「自分の意見(だけ)を聞け」ではなく。
 「こういう意見もある」が言えない、不寛容な社会が到来している。

 それは、「1984」の監視社会より、もっと恐ろしいのではないか。
 ある日突然瞬時に社会的に抹殺されるかもしれないのだ。

 そして、それには、誰も責任をとらないのだから。
 あ、それでも「アベのせい」という人はいるか。

 「郵便ポストが赤いのもみんなわたしが悪いのさ」ってのを思い出しますね。

 どうも、痴楽 綴り方狂室が大元らしい。
 私は、大昔に、諸星大二郎のマンガで知ったのですが。

|
|

« ポルスト(POLST)って何だ(生命維持治療に関する医師による指示書) | トップページ | 長時間残業が精神を蝕んだ例ではないのか »

「ニュース」カテゴリの記事

捏造」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポルスト(POLST)って何だ(生命維持治療に関する医師による指示書) | トップページ | 長時間残業が精神を蝕んだ例ではないのか »