« 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その2 株式交換・移転が簿価承継した節税ができないとは? | トップページ | 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その3 二重損失の利用が想定されていなかった? »

2018/05/15

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

関学アメフト試合中の事故で車椅子生活になり、その後税理士の道へ

 今話題のアメフト問題ですが。
 関学には、試合中の事故での苦い教訓があるのですね。


過去にNFLでも。日大アメフット悪質タックル問題への処分はどうすべきか?
THE PAGE 2018年5月15日 6時7分

 (略)

 元サンケイスポーツ代表で50年以上アメフットを取材してきた武田吉夫氏も、「フィールド上の格闘技と言われる競技だが、ここまでの悪質なタックルは過去に見たことがない。パスを投げた2秒も3秒も後に意図的に負傷させようと背後からタックルをしている。ルールを守らなければ犯罪行為になる。命にもかかわる。関学では過去に猿木さんという名QBが試合中のタックルで負傷、下半身不随になったという出来事があった。私は目の前で取材をしていたが、そのときは2人がかりのタックルの下敷きになった。関学が、今回の問題を看過しなかった背景には、そういう過去も手伝っていると思う。(略)」と苦言を呈する。

 1978年の春のリーグ戦で関学のエースQBの猿木唯資さんが負傷、選手生命を絶たれ車椅子生活を余儀なくされることになったのだ。猿木さんは、現在、税理士として活躍されているが、そういう歴史を持つ関学が怒りをあらわにするのは当然だろう。

 (略)

(文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

http://news.livedoor.com/article/detail/14715045/

 なるほど。
 確かに、税理士として事務所を開業されています。


代表プロフィール(猿木唯資税理士事務所)

 自身の体験も語っておられます。
 選手の皆さん方が、自分や相手のために、一読されてはと思います。


頸損だより2008冬(No.108) 2008年12月20日発送
頚損ピアサロンVol.1
-当事者だから、伝えられることがある-
【録音テープ起こし:A.T./編集:鳥屋利治】
●話し 猿木(さるき) 唯(ただ)資(し)さん

|
|

« 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その2 株式交換・移転が簿価承継した節税ができないとは? | トップページ | 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その3 二重損失の利用が想定されていなかった? »

ちょっとびっくり」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その2 株式交換・移転が簿価承継した節税ができないとは? | トップページ | 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その3 二重損失の利用が想定されていなかった? »