« 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その4 スピンオフ税制の位置づけ | トップページ | 話題のAIスピーカー「アレクサ」に思わぬ弱点があった まさかのセキュリティ・ホールが発覚 »

2018/05/18

「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その5 スクイーズアウト税制の位置づけ

「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その5 スクイーズアウト税制の位置づけ

 税務弘報2018年6月号より。

○OPINION
 続・制度趣旨から理解する組織再編税制
 佐藤信祐(公認会計士)

 続きです。

 佐藤説は、スクイーズアウトで現金交付を認めた理由は。
 実務の簡便化のためだった、というのですね。

 しかし、それって、租税回避の弊害が防止できる。
 あるいは、許容できるとの価値判断ありきでしょう。

 であれば、租税回避が具体的にこうあるけれど。
 その弊害はこのような理由で小さいと言わないと理由にならない。

 むしろ、実務の簡便化というのは、何も言ってないと同じ。
 少なくとも、これが制度趣旨だと言う人は他にいないでしょう。

 ちょっと驚きです。

 続きます。

|
|

« 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その4 スピンオフ税制の位置づけ | トップページ | 話題のAIスピーカー「アレクサ」に思わぬ弱点があった まさかのセキュリティ・ホールが発覚 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「税務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「続・制度趣旨から理解する組織再編税制」を読む その4 スピンオフ税制の位置づけ | トップページ | 話題のAIスピーカー「アレクサ」に思わぬ弱点があった まさかのセキュリティ・ホールが発覚 »