« マッハバロンの下塚誠氏死去 | トップページ | 広島空港は欠航の恐れあり »

2018/07/09

相続改正民法が成立…「配偶者居住権」を新設(読売新聞)

相続改正民法が成立…「配偶者居住権」を新設(読売新聞)

 ついに成立だそうです。


相続改正民法が成立…「配偶者居住権」を新設
読売新聞 2018年07月06日 12時47分

 相続制度を約40年ぶりに大幅に見直す改正民法が6日昼の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立した。高齢化が進む中、残された配偶者の生活を安定させるため、配偶者が自宅に住み続けられる「配偶者居住権」の新設が柱だ。

 (略)

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20180706-OYT1T50054.html

 税理士実務への影響も一定程度避けがたいということで。
 現在、岡野先生が中心になり、速報版の書籍の刊行を準備中です。

 また、発刊したら、岡野先生からアナウンスあろうかと。
 皆さん、宜しくお願いしますね。

|
|

« マッハバロンの下塚誠氏死去 | トップページ | 広島空港は欠航の恐れあり »

「ニュース」カテゴリの記事

法律全般」カテゴリの記事

相続・葬儀・通夜」カテゴリの記事

認知症・高齢者社会」カテゴリの記事

金融・金融法務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マッハバロンの下塚誠氏死去 | トップページ | 広島空港は欠航の恐れあり »