カテゴリー「認知症・高齢者社会」の86件の記事

2017/11/17

所有者不明土地 増加抑止へ早急な対応を(西日本新聞)

所有者不明土地 増加抑止へ早急な対応を(西日本新聞)

 ずっと言われていることで、既に行政は取り組んでいますが。


所有者不明土地 増加抑止へ早急な対応を
西日本新聞 2017年11月12日 10時35分

 いささか衝撃的な数字である。国内の持ち主の分からない土地の面積が2016年時点で約410万ヘクタールと、九州の面積(約367万ヘクタール)を超えているという。所有者が死去した後も相続登記されず、世代を重ねるうち持ち主不明になっているケースが多いようだ。

 (略)

 所有者不明土地の増加には相続登記が関係している。土地の権利関係を示す不動産登記簿には、所有者の氏名や住所が登記されている。所有者死亡の場合、通常は相続人が相続登記を行うが、相続登記は任意で、義務ではないため、登記が更新されないことも多い。

 特に地価が安く、不動産売買も少ない山林や農地などでは登記に伴う手間とコストを勘案し、故人名義のまま放置する例が少なくない。また「遠方や地方の古くて資産価値の乏しい家を抱え込みたくない」との理由で、相続登記が先送りされている空き家も多い。長期間の放置により相続人がねずみ算式に増える弊害も出ている。

 問題なのはその結果、自治体による所有者特定が難航し、災害復興や空き家・耕作放棄地の活用、山林の整備、固定資産税の徴税などに支障を来していることだ。

 国土交通省は、所有者不明のまま長期、空き地になっている土地に5年程度の利用権を設定し、農産物直販など公益性のある事業を行える制度を検討中だ。法務省も相続登記の定着・促進策を検討している。手続きの簡素化なども大切だろう。その上で今後、所有者や相続人が不明であっても、透明性の高い諸手続きを経て、土地を有効に活用できる恒久的な仕組みを検討してもらいたい。

=2017/11/12付 西日本新聞朝刊=

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/372918/

 手続の簡素化と安易に言うけれど。
 それをやると、「忖度」と言い出すウジ虫が湧いてくるんじゃないの。

 報道する人々は、自分の見える目線の先について。
 もっと視野を広げる努力を持って欲しいと、いつも思う。

 ただ、この記事自体を批判する意図はない。
 皆で認識を共有すべき話である点に、異論はないのだから。

| | コメント (0)
|

2017/10/23

「ポニョ」舞台、町並み保存本格化へ 鞆の浦、重伝建に(朝日新聞)

「ポニョ」舞台、町並み保存本格化へ 鞆の浦、重伝建に(朝日新聞)

 もはや殆ど子供のいない町を今後どうするのか。
 生活者の視点がない話が、ずっと続いていくのでしょうね。


「ポニョ」舞台、町並み保存本格化へ 鞆の浦、重伝建に
広津興一、天野剛志 朝日新聞 2017年10月20日17時10分

 (略)

 答申されたのは、江戸時代の「常夜灯」や町家などがあり、観光地となっている港街周辺の約8・6ヘクタール。寺社、港湾施設なども良好な状態で残るが、そのために中心部を通る道が狭く、交通が不便という課題を抱えてきた。重伝建の制度ができた1975年に国と県の補助を受けた市教委による調査が始まる一方、県は83年に港沖を埋め立てて、架橋する計画を策定した。

 これに対し住民グループが景観保護の観点から反発。2007年、県と市の埋め立て免許交付の差し止めを求めて広島地裁に提訴した。一審は鞆の浦の風景を「国民の財産」と述べ、住民側勝訴の判決を言い渡した。その後就任した湯崎英彦知事が12年に計画撤回を表明。広島高裁で昨年、住民側の訴え、県側の免許申請が同時に取り下げられ、訴訟が終結した経緯がある。
 (略)

http://www.asahi.com/articles/ASKBL65Y2KBLPITB00Q.html?iref=comtop_8_01

 鞆生まれの祖父母世代は、鞆に住み、鞆に働く。
 しかし、父母世代は、鞆を離れ、市街地に近い水呑町などに住む。

 それでも、芦田川は渡らない。
 精神的な距離の線なのだろうと思う。

 これが、その次の世代になると、子供の教育を考えて。
 福山の市街地・神辺あたりに住むようになる。

 鞆に住むと、通学だけでどれだけの時間が掛かるのか。
 塾に行くどころではなくなると分かっているからだ。

 祭りがあっても、子供達の数がほとんどない。

 では、どうしたら、子育て世代が鞆に住んでくれるのか。
 文化遺産を残せという人たちは、その答えは出してくれない。

 まぁ、鞆に住まない限り、鞆の道路状況の悪さは分からないでしょうね。
 なにせ観光バスが立ち往生して、引き返すのすら見たことがあるのです。

 時々、観光客が離合で動けなくなって、渋滞を起こしている。
 それだって、事故が起きれば、笑い事じゃないのだが。

 まぁ、いっそ年寄りばかりの町になれば。
 何も悩むことはなくなるだろうな、そういう諦めの気持ちかもしれない。

| | コメント (0)
|

2017/10/11

<日本年金機構>遺族年金、18億円過払い 検査院指摘へ(毎日新聞)

<日本年金機構>遺族年金、18億円過払い 検査院指摘へ(毎日新聞)

 なるほど、再婚すれば止める必要があるのだ。
 消滅時効で逃げ切れた人と、返還を迫られる人とで、天国地獄ですな。


<日本年金機構>遺族年金、18億円過払い 検査院指摘へ
毎日新聞 2017/10/11(水) 8:30配信

 ◇1万人抽出調査 資格喪失1000人に

 厚生年金などに加入していた夫を亡くした妻らを対象に日本年金機構が支給する遺族年金について、会計検査院がサンプル調査したところ、再婚などで受給資格を失った1000人弱に支払いを続けていたことが関係者への取材で分かった。今春までの過払い額は計約18億円に上るが、うち約8億円は5年の消滅時効を迎えており、返還請求手続きを取ることができない状態にある。

 (略)

 夫を亡くした妻が事実婚を含めて再婚したり、子供が18歳を超えたりするなど遺族年金の受給資格を失った場合、受給者側は年金の種類に応じて喪失日の翌日から10日または14日以内に「失権届」を最寄りの年金事務所に提出し、受給を停止させる必要がある。

 (略)

 年金事務所の点検作業は、失権届の記載内容に不備がないかを外形的に確かめるにとどまり、記載内容を戸籍などと照合する仕組みになっていなかったことが主な原因という。検査院は近く、厚生労働省に対し(1)過払いの防止策をとる(2)年金機構に回収可能な過払い分の返還手続きを進めるよう指導する--などを求める方針。【松浦吉剛、島田信幸】

 (略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000009-mai-soci

| | コメント (0)
|

高齢者元気でゲートボール存亡の危機?

高齢者元気でゲートボール存亡の危機?

 ギャグじゃないんだ……。


高齢者元気でゲートボール存亡の危機?
NHK 2017年10月10日 19時49分

| | コメント (0)
|

2017/10/10

マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル

マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル


マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル
西田公昭著 山本あり漫画
ディスカバー・トゥエンティワン2016年12月15日第1刷発行

 類書はありそうですが、お勧めです。
 心理学からのなるほどという記述が幾つか。

3 「お返ししなくちゃ」という思いがアダになる!

 返報性の原理というそうですが。
 悪徳商法では、これを使っているそうです。

 断っていても、勝手においていかれて。
 続くと、「悪いから」と思ってしまうのだと。

4 パニックに追い込み、判断力を低下させる!

 急がされて焦っている時は、きちんと判断するのでなく。
 パッと思い浮かびやすい新しい記憶を取り出して使おうとする。

 この人間の特性をヒューリスティックというそうです。
 溺れる者は藁をもつかむが典型例だと。

 悪徳商法も、これを使っているのだと。

11 だましのテクニックには一定のパターンがある

 だましには主な4つのテクニックがあると。

 [1]家族と連絡がつかないようにする
 [2]注意をそらせて疑念をいだかなくする
 [3]わざと迷惑をかける
 [4]突然、豹変する

 これらの合わせ技でだましてくるのだと。

 で、対策は、普段から相手の話をよく聞いて。
 おかしさに気づく練習をしておくことだと。

 つまり、「あれ?」という違和感を持てるかどうか。
 そのためには、普段が大事だということなのだと。

13 「おかしい」と思ったら話を打ち切る勇気を持つ

 「結構です」「いいです」は肯定の意味にもなるので使わない。
 「要りません」「必要ないです」とはっきり断る。

 そしてなにより、怪しいと思ったときに。
 「相手に失礼では}」という考えは捨てなさいと。

 相手の電話の途中でも、電話を切ってよいと。
 これが、恐らく多くの高齢者にはできないのだと思います。

 そのため、著者は、日頃から繰り返し練習しなさいと。

 つまり、詐欺撃退の特効薬はないということですね。
 普段の生き方そのものを見直すこと、それが対策なのだと。

| | コメント (0)
|

2017/10/09

一人暮らしで生きていくための任意後見入門

一人暮らしで生きていくための任意後見入門


一人暮らしで生きていくための任意後見入門
大野益道(NPO法人市民後見人センターとちぎ代表)
弓立社 2017年10月5日第1刷発行

 どういう場合に、市民後見人という「見守りびと」が必要か。
 そして、任意後見では何をして貰うことになるのか。

 ケース別に、サンプルとしての事例が紹介されています。

 最初に、末期がん患者で一人暮らしのAさん。
 次に、夫をなくして独りになったBさん。

 年金で施設に暮らす高齢男性Cさん。
 自宅で介護を受けて生活したいFさん、など。

 例えば、Aさんの場合、自宅はあるけれども。
 預貯金がなく、身元保証人のあてがない。

 そのため、入院費の支出ができず、保証人もおらず。
 入院中死亡の場合の引き取り手もいないので、病院が受入れしないと。

 なるほど、こういう場合に後見人NPOが継続的見守り契約を結ぶと。
 同時に財産管理委任契約を結んで、将来の自宅売却を目指すと。

 このような流れで、費用をNPOが立て替えて払うのですね。
 この際に月額2万円の見守り費用を徴収する契約としていると。

 最終的には、死後事務委任契約により、通夜葬儀等も行って。
 納骨して、住民票抹消などの行政機関事務処理も行ったのだと。

 ここまでやってくれるのなら、月額2万円って安いですね。
 しかし、この手のNPOが悪事を働いて報道された例も記憶に新しく。

 あくまでも、理想型としては、このような流れだということと。
 必要な人は、自分の将来のため何か考えるべきということを把握する。

 そのあたりが、本書の最大の意義なのでしょうね。

| | コメント (0)
|

2017/09/30

生計を一にする親の後期高齢者医療制度保険料の社会保険料控除

生計を一にする親の後期高齢者医療制度保険料の社会保険料控除

 もう1つ「年末調整Q & A[平成29年分 年末調整のしかた]」より。


[問7]従業員が、生計を一にする親の後期高齢者医療制度の保険料を口座振替により支払った場合、年末調整で、その保険料を社会保険料控除の対象とすることができますか。

[答] 従業員が口座振替により支払った、生計を一にする親の負担すべき後期高齢者医療制度の保険料については、保険料を支払った従業員に社会保険料控除が適用されます。

 なお、年金から特別徴収された保険料については、その保険料を支払った者は年金の受給者自身であるため、年金の受給者に社会保険料控除が適用されます。


 年末調整Q & A[平成29年分 年末調整のしかた]
 https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2017/pdf/96-97.pdf

 自分が親の保険料を、自分の口座振替で払うのは、自分で控除OK。
 しかし、親が年金から特別徴収で天引きされたら、もう子での控除はNG。

 これも、時々誤解している人がいますね。

| | コメント (0)
|

2017/09/06

宅地だけ登記したい、山林はいらないので登記しなくていい(Wedge)

宅地だけ登記したい、山林はいらないので登記しなくていい(Wedge)

 雑誌Wedge2017年9月号特集「捨てられる土地」より。

 司法書士の北詰健太郎先生が、必読だと仰るので。
 amazonのkindle本をポチっと。

 まずは、実態調査のサマリー。

○九州より広い面積の土地が所有者不明
 所有者不明だらけの日本国土
 いらない土地の「行き場」がない
 吉原祥子

 著者は、地方自治体にアンケートを行い、その回答を得ているのですが。
 1718市町村と東京都23区のうち888自治体の回答を得たと。

 これは、近著でもう少し詳細が語られるようですね。

 で、個人的には

 しかし、司法書士の間からは、「農地・山林はもらっても負担になるばかりで、相続人間で押し付け合いの状況」、「最近、相談者から『宅地だけ登記したい、山林はいらないので登記しなくていい』と言われるケースが出てきた」といった声も聞かれる。
(前掲 P19)

○捨てられた家も漂流
 所有者不明土地が招く空き家問題
 危険な家に翻弄される行政
 Wedgeh編集部

 空き家放置による倒壊問題に直面した自治体。
 前橋市の空家法施行による直接対処の事例。

 まず相続人調査とその権利確認に数ヶ月を要したと。
 相続関係者は10人以上だった。

 既に死亡あるいは相続放棄されていたので。
 空家法による略式代執行を実施して、家屋を取り壊したと。

 前橋市の負担した撤去費用は84万円。
 うーん、空家法ができても、まだまだ話は簡単ではないのですね。

○"相続激増時代"はもう直前
 登記義務化と利用制限
 次世代のための制度改革を
 Wedgeh編集部

 なるほど。
 所有者からの申告なければ自治体が使える制度をと。

 確かに、所有にも、権利だけでなく義務の側面もありますね。
 原文中にはないのですが、民法の規定でも責任が問われるわけで。


・民法 第717条(土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)

 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。

 2 前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。

 3 前2項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。

○記録と記憶をつなぐ”森林探偵”
 消えた山林を探せ!
 境界線確定から始まる地域
 田中淳夫

 これが一番ショッキング。
 なんと自分の所有している山林の確定ができないと。

 境界画定がそんなに大変だと分かれば。
 大抵の人は諦めてしまうでしょうね。

 文中に出てくる「森の養子化事業」は面白いですね。
 全国的に広まってくれないだろうか。

| | コメント (0)
|

2017/07/13

エスカレーターでの車いす利用 誰が悪かったのか

エスカレーターでの車いす利用 誰が悪かったのか

 うーん。


エスカレーターで車いす転落 巻き込まれた女性死亡
7月11日 18時37分 NHK

 巻き込まれた方は災難でしかない。
 では、利用者はどうなのかというと。

 なんと、やってよいと、社協が手引きを出していたのですね。
 で、気がついて真っ青になって、急遽削除したと。


「車いすのままエスカレーター利用できる」不適切として削除
7月12日 19時00分 NHK

10日高松市の家具などの量販店で、80代の男性が妻を車いすに乗せてエスカレーターを利用中に妻とともに転落し、後ろにいた76歳の女性が巻き込まれて死亡した事故を受けて、香川県社会福祉協議会は12日、車いすのままエスカレーターを利用できるとしていた障害者介助の手引きが不適切だったとして、12日朝ホームページから削除しました。

この手引きは、香川県社会福祉協議会が、平成16年に作成したものです。この中では、車いすでのエスカレーターの利用について、危険を伴うので注意が必要としながらも、車いすのまま上り下りができるとして、その方法を図解入りで紹介していました。

 (略)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170712/k10011055991000.html

 で、実は、既に、警告もあったのですね。
 うーん、今回の事故を、社会の教訓にしたいところ。


車椅子でエスカレーターの利用法
2011年02月14日(月) 11時22分47秒

今日は車椅子車椅子でエスカレーターの利用方法をご紹介します

通常、車椅子車椅子でエスカレーターを利用するのは危険ですのであまりおすすめしませんが…参考までにご紹介しますね

 (略)

※ボクは過去に一度…転倒して車椅子だけがエスカレーター下に転げ落ちたことがあります
もし人がいたら大事故になってました

※エスカレーターに車椅子で乗ってる人を見掛けたら…決して近づかないでください


◎車椅子をご利用の皆さん…どんなに急いでいてもエスカレーターは使わずにエレベーターを使うことをおすすめします

 (略)

「車椅子の会サイレントフット toshiのブログ」
https://ameblo.jp/silent-foot/entry-10800145610.html

| | コメント (0)
|

2017/06/12

認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査(読売新聞)

認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査(読売新聞)

 一旦認知症になっても、回復の望みはある。
 いいニュースですね。


認知症「前段階」半数は回復…高齢者調査
6/7(水) 7:09配信 読売新聞

 認知症の前段階と言われる「軽度認知障害(MCI)」の高齢住民を4年間追跡調査したところ、14%が認知症に進んだ一方、46%は正常に戻ったとの結果を国立長寿医療研究センター(愛知県大府(おおぶ)市)の研究班がまとめた。

 MCIと判定されても改善する例も多いことを示す結果で、近く米医学専門誌に発表する。

 (略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00050032-yom-sci

 認知症の人の横で悪口言うのは、止めておきましょうね。
 後で復讐されたりして。

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧